日本人の起源(縄文・弥生・大和)
184430 【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜D邪馬台国は朝鮮半島にあった。
 
谷光美紀 ( 30代 愛媛 経理 ) 08/09/01 PM11 【印刷用へ
■邪馬台国はどこにあったのか
遼東方面に位置した公孫氏が頻繁に内政干渉でき、帯方郡の管轄下に置くことができた範囲とすれば、遼東半島南端〜せいぜい現朝鮮半島の平安北道までではなかろうか。

・『梁書巻54四諸夷傳』に「もともと、各文献中に於いて「邪馬台国」の「邪」の字は「示+おおざと(き)」と記されていたが、それは間違いであったので、冊府元亀957の記すところによって「邪」と改められた」という記述がある。「邪馬台国」は本来は「き馬台国」と記載されていたのである。「き馬」とは「蓋馬(がいま・げま)」→「既馬」からの転化である。すなわち、古の「蓋馬国」で、後年高句麗が城塞のひとつとした「蓋馬城」である。場所は現在の渾江下遊東岸の「大古馬嶺」、又は細河の西にそびえる「摩天嶺山」、これらの二つの山系周辺一帯地区。この範囲内に三韓の一つ「辰韓」が存在している。

・後漢書の韓傳の記述に、邪馬台国に極めて類似した国名がある。即ち「弁辰弥烏邪馬国(べんしんみうやまこく)」。当時、弁韓も辰韓も共に自ら王を選出する権限がなく、常に馬韓人が王に選ばれ三韓に君臨していた。であるならば、弁・辰あわせて24国も存在していたわけであるから、中には王の選出権を賭けて反旗を翻す国が出現したり、王となるべき立場をめぐって主導権争いに発展したとしても不思議はない。そんな中から抜きん出た「弁辰弥烏邪馬国(べんしんみうやまこく)」がいち早く魏朝に朝貢し、「親魏王」の印綬を授かるや「弁辰弥烏邪馬国」の「弁辰弥烏」を除外し、もはや「弁辰」の属邦に非ず「邪馬国」として一国の王位を主張したのではないか。
しかしながら、東北方より高句麗が台頭南下し、南方よりは馬韓の一属邦であった「伯済(はくさい)」が馬韓54国を統合し「百済」となって台頭、加えて足元からは弁辰の属邦「斯蘆国(しろこく)」が俄かに強勢となり、これらの新興勢力の狭間に在った「邪馬国」は4世紀を以って滅亡し、歴史の舞台は後の三韓、即ち三国鼎立の場として明け渡す事になった。とすれば、邪馬台国の伝承が中国の文献記録から4世紀代をもって絶えていることも、頷けるのである。

参考
5世紀末の定説の割拠図:リンク
5世紀末の山形氏説の割拠図:リンク
 
  List
  この記事は 184428 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_184430
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
280574 邪馬台国論争の真相〜古事記、日本書紀に卑弥呼も倭国大乱も記述がない理由 かなめんた 13/09/05 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp