日本人の起源(縄文・弥生・大和)
184402 【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮は遼東半島にあった
 
谷光美紀 ( 30代 愛媛 経理 ) 08/09/01 PM05 【印刷用へ
●はじめに
『韓傳』の『倭国・倭人』に関する条文に於て、いわゆる「倭」と謂われた国邑は「韓国」の南界に「隣接」して存在した旨の記載がある。同じく『韓傳』に、「韓国」は、中国漢帝の植民市であった「楽浪(らくろう)・帯方(たいほう)」などの南辺に存在していたと記録されている。では、「楽浪・帯方」はどこにあったのだろうか? それには「朝鮮」と謂われた古代国家の所在地の詮索が必要である。

■古朝鮮はどこにあったのか
定説では、古(いにしえ)の「朝鮮国」を今日の朝鮮半島北西部一帯に位置づけ、その都「王検(おうけん)」をピョンヤンに置いて解釈している。とんでもない間違いであり、これが古代東アジア史の歪曲化の始まりである。ここで蹴躓いているから、『倭人傳』解釈も狂うのである。

『史記集解(しきしゅうかい)』(南朝の宋(420年)に撰された書物)中に、「朝鮮に湿水・洌水・汕水あり、三水は合して洌水となる。」とある。また、「列は水の名、列水は遼東に在り。(『後漢書郡国志』)」、「列口(れっこう)は県名なり。列水の河口は遼東に在り。(『資治通鑑』)」、「分黎山(ぶんりざん)は列水の出づる所、西、ネンテイに至りて海に入る。行くに820里。(『漢書地理志』)」との記載もある。
これらの条件を満たす河川はひとつしかない。すなわち、中国遼寧東部を流れる「太子河」である。よって、古代朝鮮もこの河川流域に存在した古代国家だった。

上記のように推定すれば、その他の中国史書の記述とも一致するのである。しかし定説の位置とした場合はまったく辻褄が合わない。

※また前700年代、朝鮮は諸族連合体制を整え全盛期を迎える。周が二分し東遷を余儀なくされ、諸侯達が春秋五覇戦国七雄へと割拠対立する時代になったのは、現在言われているような蛮族の侵攻が原因ではなく、殷の後身で東北の雄となった「朝鮮」の中国侵攻が引き金である。

定説の古朝鮮所在地:リンク
山形氏説の古朝鮮所在地:リンク
 
  List
  この記事は 183720 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_184402
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
邪馬台国は朝鮮半島にあったのか−1 倭国は朝鮮半島にあった 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/01/31 PM02
194885 邪馬台国論争に決着がつかないのは何で? 松井英仁 08/12/15 AM01
184404 【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか? 谷光美紀 08/09/01 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp