日本人の起源(縄文・弥生・大和)
184402 【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮は遼東半島にあった
 
谷光美紀 ( 30代 愛媛 経理 ) 08/09/01 PM05 【印刷用へ
●はじめに
『韓傳』の『倭国・倭人』に関する条文に於て、いわゆる「倭」と謂われた国邑は「韓国」の南界に「隣接」して存在した旨の記載がある。同じく『韓傳』に、「韓国」は、中国漢帝の植民市であった「楽浪(らくろう)・帯方(たいほう)」などの南辺に存在していたと記録されている。では、「楽浪・帯方」はどこにあったのだろうか? それには「朝鮮」と謂われた古代国家の所在地の詮索が必要である。

■古朝鮮はどこにあったのか
定説では、古(いにしえ)の「朝鮮国」を今日の朝鮮半島北西部一帯に位置づけ、その都「王検(おうけん)」をピョンヤンに置いて解釈している。とんでもない間違いであり、これが古代東アジア史の歪曲化の始まりである。ここで蹴躓いているから、『倭人傳』解釈も狂うのである。

『史記集解(しきしゅうかい)』(南朝の宋(420年)に撰された書物)中に、「朝鮮に湿水・洌水・汕水あり、三水は合して洌水となる。」とある。また、「列は水の名、列水は遼東に在り。(『後漢書郡国志』)」、「列口(れっこう)は県名なり。列水の河口は遼東に在り。(『資治通鑑』)」、「分黎山(ぶんりざん)は列水の出づる所、西、ネンテイに至りて海に入る。行くに820里。(『漢書地理志』)」との記載もある。
これらの条件を満たす河川はひとつしかない。すなわち、中国遼寧東部を流れる「太子河」である。よって、古代朝鮮もこの河川流域に存在した古代国家だった。

上記のように推定すれば、その他の中国史書の記述とも一致するのである。しかし定説の位置とした場合はまったく辻褄が合わない。

※また前700年代、朝鮮は諸族連合体制を整え全盛期を迎える。周が二分し東遷を余儀なくされ、諸侯達が春秋五覇戦国七雄へと割拠対立する時代になったのは、現在言われているような蛮族の侵攻が原因ではなく、殷の後身で東北の雄となった「朝鮮」の中国侵攻が引き金である。

定説の古朝鮮所在地:リンク
山形氏説の古朝鮮所在地:リンク
 
  List
  この記事は 183720 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_184402
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
邪馬台国は朝鮮半島にあったのか−1 倭国は朝鮮半島にあった 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/01/31 PM02
194885 邪馬台国論争に決着がつかないのは何で? 松井英仁 08/12/15 AM01
184404 【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか? 谷光美紀 08/09/01 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp