暴走する悪徳エリートの所業
184401 「改革クラブ」騒動の背景と怯える連中
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 08/09/01 PM04 【印刷用へ
『改革クラブ騒動の背景と怯える連中』(I notice 気付く・感じる・思う)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
改革クラブは姫井由美子の離党撤回により躓き、政党助成金が貰えない4名の会派としてスタートした。姫井議員は単なる数合わせ、話題インパクト、党内処遇において同じ冷遇を受けていたことから誘われたに過ぎない。撤回理由は「新党は、自民党による民主党切り崩しの受け皿だとわかった。自民党に近い新党への参加は、自民党に対抗する民主党の候補として、私を支持してくれた有権者への裏切り行為だ、との指摘も受けた」と記者会見にて自らの言葉で発した。離党撤回する賢さはあったようだ。改革クラブの4名、渡辺秀央、大江康弘、荒井広幸、松下新平は、知れ渡っているように自民党スパイとして自民党の為に活動する議員たちである。渡辺秀央は小沢一郎の側近だったが、ここぞという時に造反を繰り返し、自民党の為に行動する。その子分が大江康弘。荒井広幸は郵政民営化に反対して自民党を離党し、田中康夫代表とする新党日本に参加するまではよかったが、結局そこも離党し無所属のまま自民党会派に属している。松下新平は2004年に自民党候補を破って当選したが、すぐに自民党の犬となった。姫井議員離党撤回記者会見には、鳩山幹事長、菅代表代行と共に、民主党最大の自民党スパイである興石東参院議員会長もいる。彼が改革クラブに参加したらいいものを、スパイとして民主党での役割のほうが大切なのだ。この男は自民党員以上の自民党員である。

今回の一連の騒動は自民党による民主党切り崩しの思索で、二階経済産業相らによって仕組まれたと見られている。仕組むほうも踊らされるほうも表部隊での騒動に過ぎない。政治にはシナリオライター、演出家、スポンサーが裏部隊にいることを忘れてはならない。

政治家や官僚、民衆を動かせる責任ある立場の人物は、余程の信念がない限り思う行動はとれないシステムが作り上げられている。まずは金、それで落ちない場合は女。それでも信念を貫く場合は家族の命。議員に割り当てられる秘書というのは議員自ら選ぶことはあまりない。どういう経路を辿ってきたとしてもそれを動かす人物がいる。秘書は議員の近くにいて金の流れを最も知ることとなり、不正を行っている場合は弱みを知ることになる。秘書は直接動かないがその情報が上に伝えられ、それを弱みとして議員を動かすことができる。不正がない場合でも、秘書を通して不正をいくらでもでっちあげられる。領収書を偽造するなんて簡単にできるのだ。金で動かない人物には女が近づく。男は女とベッドを一緒にすると極秘情報を漏らすことがある。ICレコーダー、盗聴器、盗撮、様々な機器を使って証拠は簡単に残せることにあまりに無頓着な場合が多い。極秘情報を漏らさなくてもいい。SEXをしたという証拠さえ握れば何でも言いなりになる。勿論、金と女の両方を握られている人物も多いだろう。そのような弱みなど握られずとも積極的に思想行動する人物もいる。宗教、思想、所属するグループの目的によって、積極的に権力グループの犬となる人物たちも多い。結果として金と女はいくらでも手に入り、ポストも与えられるとしたら、その誘惑に打ち勝つには単なる正義感だけでは対抗できない。情報と権力図の把握、仕掛けられるハイテク機器に対する対抗手段、敵対する大きな権力グループに属する等の行動力が必要だ。

福田内閣改造人事では、小泉純一郎に近い議員は払拭されている感がある。それはなぜだろうかと考えていた。福田総理に人事決定権などないことは明白。人事は森喜朗によってなされているにも関わらず、小泉と共に売国奴の大役を担う人物がなぜ小泉色を払拭したのだろうか。キムタクの洗脳ドラマ「CHANGE」の最終回に合わせ、小泉劇場再興行となる新党CHANGEを発足させ、日本資産をさらに外資にプレゼントする目論みも、どうやら失敗に終わった感がある。思うほど視聴率が伸びなかったことや、ブログを通して多くの人がこのシナリオを指摘した為に身動きがとれなくなってしまったことも多少あるかもしれない。しかし最大の理由は、森喜朗は知っているからだ。間もなく・・恐らくブッシュ大統領が現職の間に逮捕されるという情報を。多くのアメリカ国民は日本国民同様に、9.11を自作自演テロとは知らない。しかし勇気ある人たちによって真実が知らされている。また、権力グループに対抗できうる絶対的な力が存在している。ブッシュが逮捕され悪事が全て知らされる時がきたとしたら、それを知って国民を騙し続けて褒美を貰い続けてきた森・小泉グループの悪事も暴かれる。彼らは今、怯えている筈だ。ブッシュという俳優が逮捕されるだけでなく、シナリオライター・演出家・スポンサーの悪事も暴かれることに繋がるかもしれない希望がある。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 184400 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_184401
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
政治家や官僚の責任問題 「晴耕雨読」 08/09/03 PM02
「福田首相辞任」の構造を探ってみる。 「日本を守るのに右も左もない」 08/09/02 PM10
184465 福田首相、ギリギリでした。 Silentservice 08/09/02 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp