日本人と縄文体質
184229 崎谷満『DNAでたどる日本人10万年の旅』より@〜Y染色体からみる日本人の起源
 
山澤貴志 ( 43 鹿児島 ITコンサル ) 08/08/29 PM10 【印刷用へ
DNAによる人類起源の研究は、近年Y染色体DNAの研究を通じて、アフリカから旅立った人類の大移動がかなり解明されてきたようです。崎谷満先生の『DNAでたどる日本人10万年の旅』は最新成果がよくまとまった本です。書評ブログがありましたので、要点を転載します。
リンク

 Y染色体の系統は、アフリカ固有のA・Bと、それ以外のC〜R(アフリカ集団と非アフリカ集団)のハプログループに分類されます。現代人にとってのY染色体における最終共通祖先の存在年代は、9万年前頃になります。Y染色体の系統では、まずA系統とB〜R系統が分岐し、その後にB系統とC〜R系統が分岐しました。A系統とB系統はアフリカでしか確認されず、Y染色体DNAの分析からも、現生人類(ホモ=サピエンス)のアフリカ単一起源説が支持されることになりました。

 出アフリカを果たしたC〜R系統(すべてが出アフリカを果たしたわけではありません)は、C・D〜E・F〜Rの三つに大別され、日本列島にはその三つの系統のいずれも存在します。出アフリカの経路としては、北アフリカからレバノン回廊を通る中東ルートと、東アフリカ(アフリカの角)からアラビア半島を経てインドへといたる南アジアルートが想定されています。日本列島中間部のY染色体DNAの主要な系統は、次のようになります。

●C系統・・・C系統はまずユーラシア南部(インド)へ達した後、東へ南経路で移動してインドネシア東部とパプアニューギニアへ達し、オセアニア各地やオーストラリア(Cの特殊な亜型が見られます)へ到達したと思われます。C1系統は日本でしか見られず、インドの集団から直接日本の集団へ分岐したと推定されますが、その移動ルートは不明です。C1系統は、航海術と貝文土器を携えて新石器時代早期に日本中部に達した、貝文文化の民との関連が注目されます。C3系統はユーラシア南部を経てユーラシア東部を北上していき、シベリアで大繁栄したと推定されます。C3系統の一部はシベリアからサハリン経由で北海道へ達したと想定されますが、朝鮮半島経由で九州へ達した経路も想定できます。

●D系統・・・D1・D2・D3という各系統に分かれるD系統は、ユーラシア東部に限局されます。日本列島では世界的に稀なほどD2系統の高い集積が見られますが、D1系統は低頻度で、D3系統は見られません。チベットではD1系統(16%)とD3系統(33%)に高い集積が見られます。D系統は出アフリカ後、ユーラシア南部を東へ移動した後、東南アジアを経て北上し、華北からモンゴル・チベット・朝鮮半島〜日本列島へと達したようです。D系統の祖型の分布時期は13000年前と推定されており、D系統は新石器時代のユーラシア東部においてもっと広がっていた系統である可能性が考えられます。しかし現在、ユーラシア東部ではD系統は稀な系統になっており、日本列島に最大の集積地点が残り、その他では遠く西に離れたチベットにD系統が高頻度で存続するだけですから、両者を分ける広大な地域には、後に別の集団(引用者注:漢民族)が割り込んできたと予想されます。

●N系統・・・シベリア北西部と北欧(とくにウラル系)に高い集積を示していますが、シベリア東部や日本列島では低頻度でしか見られず、アイヌ民族と琉球では確認されていません。N系統はO系統とひじょうに近い分化の経路をたどり、N系統の分岐年代は8800年前または6900年前と推定されています。N系統は新石器時代に中国大陸から朝鮮半島を経て日本列島に流入してきた集団と関連と想定されています

●O系統・・・O系統はユーラシア東部に限局して見られます。O系統の発祥地としては東南アジア南部が想定されており、O系統の分岐時期は17500年前か10700年前、その移動開始時期は8100年前と推定されています。O2b系統の分岐時期は3300年前、その移動開始時期は2800年前と推定されています。O2a系統は華南から東南アジアに高い集積が見られますが、日本列島ではほとんど確認されておらず、日本列島と朝鮮半島ではO2b系統が高頻度で認められます。O3c系統はミャオ・ヤオ系に高い集積が認められ、その他では華南・東南アジアを中心に広がっていますが、日本列島ではほとんど確認されていません。O系統はアイヌでは未確認ですが、琉球では主要な系統になっています。O1系統は台湾先住民の間において特異的に高頻度で見られる他、フィリピンやその他の南方島嶼部でも認められ、言語的にはオーストロネシア系との関連が想定されています。

 まとめると、それぞれ頻度に差があるとはいえ、日本列島の主要な系統はC1・C3・D2・N・O2b・O3と言え、この主要6系統以外では、D1・O1・O2a・Qなどが散発的に見られます。Q系統の祖先型は、後期旧石器時代に中央アジアを経てシベリアのアルタイ山脈へ達して石刃文化の担い手となり、分化したQ系統がシベリア東部へ向かい、その一部は南下して日本列島へ達したと推定されています。
 
  List
  この記事は 184069 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_184229
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
BBC製作エイプマン<第4回>「狩りと分業の開始」 「にほん民族解放戦線^o^」 10/12/24 PM01
【図解】DNAでたどる日本人の成り立ち 「共同体社会と人類婚姻史」 08/10/14 PM00
185742 Y染色体DNAタイプの分岐年代と拡散経路 田中素 08/09/15 PM01
進化系統樹作成の根拠となっているDNA解析ってどんな手法?根拠は何? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/09/06 AM02
DNAでたどる日本人の成り立ち1 「共同体社会と人類婚姻史」 08/09/02 AM02
184406 崎谷満:Y染色体の遺伝の仕組み・                             Y染色体の亜型分類系統樹    資料編 たっぴ 08/09/01 PM06
184235 崎谷満『DNAでたどる日本人10万年の旅』よりA〜旧石器時代 山澤貴志 08/08/29 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp