私権社会の婚姻制
184215 半牧半農の烏恒・鮮卑の婚姻制
 
岡本誠 ( 55 兵庫 経営管理 ) 08/08/29 PM05 【印刷用へ
烏恒(うがん)族は、中国の春秋戦国時代に、蒙古高原に繁栄した遊牧騎馬民族で、当時は中国人から『東胡』と呼ばれた。ツングースの民。鮮卑族と同族。

婚姻制は、略奪婚→婿入→最終的には嫁取という、母系と父系の折衷型となっています。烏恒族も鮮卑族も匈奴に滅ぼされて敗走したので、最初に略奪婚の形式をとっていると考えられます。ただし母系の発言力も強く、遊牧民の嫂(あによめ)婚も伴っています。 リンク

>彼等が結婚する時には、皆まず密かに情を通じて、娘を奪い去っていく(略奪婚)。半年あるいは百日も経ってから媒人を遣り、馬や牛や羊を贈物として嫁取りの礼を行なう。婿(むこ)は妻に付いて妻の実家に入り、妻の家の者には尊卑の別なく、朝ごとに拝礼を行なう。然し自分自身の父母を拝する事はしない。妻の家の為に下僕の仕事を2年間すると、妻の家の方では手厚い贈物をして娘を送り出す。その際、住居や生活用品は全て妻の家が整える。

>こうした事から、彼等の習わしとして、全ての事が婦人の指図で決められるが、ただ戦闘の際にだけは、男子みずからが事を決定する。

>父や兄が死ぬと父の後母(未亡人)を妻とし、或いは嫂(あによめ)を娶った。亡父に弟が無くて娶って貰えぬ寡婦は、自分の子供に夫の後を継がせ、自分は伯叔の次妻となる。彼女が死ねば、元の夫と一緒に葬られる。

鮮卑族の拓跋氏(たくばつし)はその後優勢になり、北魏を建国します。首長は最初世襲でなかったが、部族統合の過程で世襲制に変わっていったようです。 リンク

>もともと、鮮卑は匈奴の支配下にあったものが、独立して次第に匈奴を漠北に追いやって勢力を築き、部族の中から檀石槐がすべての部族をまとめて統治していた。しかし彼の死後、部族間で相争う中で鮮卑の一部族であった拓跋部が台頭し、その中心氏族である拓跋氏が華北を統一し、北魏を建国するに至った。

>鮮卑の単于の家系は一定せず、安定的な世襲がなされていたわけではなかった。しかし、後漢末から鮮卑の部族内で首長の地位は世襲されていくようになっていたという。ちなみに、拓跋氏は複数の家系からなり、有力な世襲家系が10姓存在し、百世を経ても通婚しないということを掟として、必ず他の部族との婚姻をする族外婚を原則としていたとされる。
 
  List
  この記事は 184213 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_184215
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
北鮮の高句麗の婚姻制 「共同体社会と人類婚姻史」 08/08/30 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp