日本人と縄文体質
183660 日本人のルーツを知りたいという意識は現実肯定そのものである。
 
田野健 HP ( 47 兵庫 設計業 ) 08/08/21 PM01 【印刷用へ
>かつて本源社会を破壊した古代人が、現実(下部意識)を否定して倒錯観念に収束したとすれば、再び本源時代を迎えた(にも拘らずその倒錯観念の末裔たる欺瞞観念によって全面閉塞に陥った)現代人が、現実を肯定して倒錯観念を否定するのは、当然の成り行きだったのである。20199 

現実を肯定視して倒錯観念を否定・・・このことについて考えてみた。

日本人はどこから来たのだろうか?日本人ってなんだろう?
本当の日本史はどうなっているのだろう?
そんなテーマがお盆前のなんで屋劇場で話し合われた。

日本人は特殊な民族である。しかし何が特殊かは誰も明確に説明できない。考えてみれば、この間日本人の意識の中に現れている歴史収束も秩序収束もアイデンティティーを求める動きもオリンピックのナショナル意識の変化も全て日本人という可能性に突破口があるのではないかという期待の表れでもあり、ひょっとすると全世界的に現れ始めている本源収束の先端潮流ではないだろうか?

そう考えると、日本文化が各国で見直されたり、日本を批判してきた欧米や中国までもが、単に日本を否定できないところに来ているようにも思える。

かたや日本人自身もかつては外国と比較される中で経済という優位性にだけ偏って依拠していたところから、少しずつ比較優位性に捉われないで思考出来る日本人が増えてきているように感じる。かつて国家中枢が仕組んだの鬼畜米兵、一色の軍国主義とは異なる緩やかな民族意識の芽生えは日本という現実の肯定視に立脚し始めた人々の意識の表れと言えないだろうか?

この意識は早晩大きな流れになるはずである。
日本人って何だろう?欧米との比較、劣等感から開放され、その事実を追求していくことは同時に本源性って何だろう?を追求していくことにつながる。

劇場会議を終えて改めてその緒についたと感じた。
 
  List
  この記事は 20199 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_183660
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp