農村を活性化させる為には?
1834 農業・百姓を通して見た現代人−A
 
江岸元 ( 21 神奈川 学生 ) 01/03/21 PM03 【印刷用へ
農業・百姓を通して見た現代人−A
 話は進む。「百姓」という考え方とは反対に、近代化は学問を分化させ、産業を分業化させて進化発展、効率化生産性の向上をもたらした。元来、真実は体系であり、全ての事柄は有機的に繋がったものであって、それを一つのものとして理解するのが本当である。(実現論にも通じるのではないだろうか。)にもかかわらず、扱い易いように分化し、便利である事だけを目指した。
感動的な太古の時代より在る「炎」という真実を、コンロという「熱」と蛍光灯という「光」に二分して扱いやすくしたのが近代文明だと品田穣氏は説明する。まさにその通りだ。人間に奉仕すべき学問も産業も、今や人間を支配し、人間の暮らしまで変えさせてしまった。
 現代人は、その意味において誰もが分業化を余儀なくされ、或る意味「専門家」になってしまっているのではないだろうか。サラリーマン、主婦、事務屋とかいう風に。実際もっと細かく、経理・営業・総務などと、とにかく自らが得意とする一分野の専門知識と専門世界に奉仕して一生を過ごすように仕向けられていく。

当然の事ながら「専門家」は職業病に陥る宿命を持っている。学生の自分が言うのもなんだが、自らの関心事が狭い範囲に閉じ込められれば、否応無くその専門が一番大切であり、それ以外のものは不必要とさえ思うようになってしまう。この事が少なからず現代における人々の思考停止に関係があるのではなかろうか。
例えば最近において、環境ホルモン問題などで農薬の専門家などが、世の中の批判を浴びると、農薬の事をよく知らない素人のくせにまずは相手を否定してかかる。次に、その被害などがたかが知れたもので大した事は無い、と過小評価してくる。それは、自らの専門への過信と同時に、自らの存在を否定する事にならないための必死の抵抗でもあり、真の「批判精神」を自己肯定と履き違えた愚かな行為である。

 かなり大袈裟に言えば、現代社会はこういう人々の集合によって形成されている。よく価値観が多様で、何が妥当であるかは決められないと言われる。がしかし、本当に妥当な事が無い訳ではない。妥当で正しい事があるのにもかかわらず、それぞれが偏った見方しか持ちえてない現代人には、それが見えないだけである。この、専門分化した現代社会は、効率的であるものの、これを構成する一人一人の精神状態ははなはだ不健全で偏ったものにしてしまったということになる。
 この社会にとって、この実現論の存在は大きな可能性を秘めたものである事は言うまでも無いだろう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1834
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp