生命原理・自然の摂理
18274 オキシトシンの不思議、その2
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/12/11 PM07 【印刷用へ
オキシトシンが、母と子を結ぶホルモンであるという基礎的事実を18243で述べました。端野さんが18269で言われたような子供誘発のホルモンかどうかは微妙…。私は、未熟な生命体である人類の赤ん坊に、オキシトシンの分泌を促す機能が備わっているという見方は少し首を傾げますが…(でも発想は面白い)。

それはさておき、端野さんの「つわり」もそうかも知れませんが、いずれにしろ体内保育という難課題(生命体同士が接触するというのはきわめて困難な状況を生み出す。免疫系が攻撃しても不思議ではない)に対して、オキシトシンの持つ本質的働きは、二つ(二人)をしっかりと結び付ける(密着作用)ということとも思ったのですが…。そうすると、少し矛盾が起こります。

分娩(子離れ)の際に働くのが腑に落ちなくなります。黄体ホルモン(着床や妊娠の維持作用を持つ雌性ホルモンの一種)が多量に存在するときは、オキシトシンは子宮の収縮に対して作用を起しません。妊娠維持の必要性が薄れたときに、オキシトシンは作用します。密着作用というよりも解離作用と言うほうが適切。「子離れ促進」と捉えれば、授乳は離乳を促進するためとも言える(今でこそミルクを飲む子供が多いが、昔はなかった)ので、何とか共通の意味あいを持つのですが、もう少し引っかかる…。

そもそも、なんでオキシトシン脳内にも神経伝達物質として存在するのか、男にもあるのか…?


この問題を考えるのに、オキシトシンを脳内に投与したときの行動促進について少し触れます。(参考:『脳と性』下河内稔:朝倉書店)

「処女ラットの卵巣を摘除し、エストラジオール(いわゆる一番強烈な女性ホルモン)を注射した48時間後、側脳室にオキシトシンを注入し、養子に対する養育行動を観察する。すると、(短時間ではあるが)顕著な養育行動が促進される。エストラジオール単独・オキシトシン単独では養育行動は促進されない。」
つまり、オキシトシンのひとつの役割として、「養育行動促進の開始ホルモン」の意味があると考えられそうです。

「オキシトシンを脳室内に投与すると、ロードーシス行動が増加する。オキシトシンを視床下部腹内側核に植え込んだときにも同様の促進が見れるので、オキシトシンはこの部位に作用して効果を発揮すると考えられている。」視床下部腹内側核は性回路の通り道、満腹中枢のあるところなので、オキシトシンと性行動との強い関係を示唆します。


確かに生物は少ない物質を多様に使用してきたという事実はあるのですが、ここで改めて前回触れた点。つまり、哺乳類以前の軟体動物や他の脊椎動物にも類似物質が見られる、という点に注目すれば、オキシトシン(源オキシトシン)は、哺乳とは関係ない働きをもっていたという当たり前のことに気づきます。ラットは人類に直結する哺乳類なので、脳内のオキシトシンの働きが後天的なのか先天的働きなのかはこれだけではわかりませんが…。子供と密着・異性と密着という一見対立するように見える行為(性情動物質と育児物質はサル・チンパンジーでは対立するはずですが…)の共通に働くというホルモンの姿が見えてきます。

子供も異性も、同じ同類であり、しかもいずれも庇護する対象です。そう考えれば、メスにもオスにも他の動物にも脳内に存在する理由がわかります。これは親和というよりも、集団として(種として)同類をつなぎとめる物質、集団本能(≒追従本能)に近い位置にある物質なのでしょう。親子の物質というより集団の物質…これ(源オキシトシン)が、やがて哺乳のための(親子親和物質)として、使われていったのではないでしょうか。先ほどの分娩は同類の誕生を促しているのでしょう。
そしてやがてそれはさらに、原猿の段階で仲間への親和物質オキシトシンとして再生されたように思います。

源オキシトシン→オキシトシンの中で、追従→親子親和→仲間親和の流れでしょうか。
 
  List
  この記事は 18243 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_18274
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
123208 オキシトシンの効果? 是永恒久 06/06/22 AM00
18449 ホルモンの再利用 ブルマン 01/12/13 PM01
18432 エンドルフィンの不思議 吉国幹雄 01/12/13 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp