日本人の起源(縄文・弥生・大和)
18273 円筒土器と石刃鏃@
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 01/12/11 PM04 【印刷用へ
平野さん今晩は。三内丸山の大集団の起源についての投稿を興味深く見ております。

 北村さんが16349で述べているように巨大集落三内丸山の周辺には,衛星集落のような分散をする縄文時代前記から中期にかけて同時代遺跡が14個所見つかっています。

 こうした衛星集落を周囲に配した大集落はこの三内丸山だけではありません。
陸奥湾沿岸には,このような,中心集落の周りに衛星集落を周囲に配したような集落遺跡群が多く見られます。また対岸の北海道道南部にも,同様の集落群が見つかっています。

 このような特徴的集落構造をもつ,東北北部から北海道南部に広がるエリアで,縄文時代前記から中期にかけての遺跡からは,共通特徴的な土器として円筒土器が出土し「円筒土器文化圏」と呼ぶ学者もいるようです。

 土器の様式だけで,その出自を同一部族,同一文化と呼ぶには若干証拠不十分な気もしますが,その文物の交流の跡からして,その発生は・・

>もとは同一部族から枝分かれして、隣接して縄張りを確保していた氏族の間で、代を経るにつれ遠心力のほうが強まるケースです。(平野さん18139)

というのは,うなずけるものではないかと考えます。

>その特徴については「拠点集落にはシンボリックな巨大構造物や集団墓地大規模な食糧貯蔵施設、集会場又は共同作業場等を持つ逆に衛星的な小規模集落にはそれがみられない,葬送儀礼などの種々の『祭り』などは所属する中心集落で共同で行っていたとみられる。(文末のHPより引用)

また中心集落と,衛星集落との関係が上記のようなものであったとすれば,多段階編成をもつ連合体という北村さん(16349)の説は,的を得ているでしょうし,そこで行なわれていた『祭り』は,連合体を統合する為の『祭紀』であったと考えます。

参考:三内丸山遺跡 URL→リンク
 
  List
  この記事は 18139 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_18273
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
18331 円筒土器と石刃鏃A 細田卓司 01/12/12 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp