マスコミに支配される社会
182375 地球温暖化問題は、新たな金貸しシステムの布石ではないか?
 
田中素 HP ( 42 長崎 企画 ) 08/07/30 PM01 【印刷用へ
温暖化問題が初めて世に広く知られるようになったのは'92年の「地球サミット」だが、このサミットを主導したモーリス・ストロングという人物は、カナダの巨大エネルギー会社の社長である。また、これに先立つ'87年にデンヴァーで開かれた「環境会議」の第4回大会では、モーリス・ストロングとも親交の深いエドマンド・ロスチャイルドが、「環境保護と持続可能な経済発展」というテーマで講演している。この大会にはデヴィッド・ロックフェラーやベイカー米財務長官も出席していたという(『世界を動かす人脈』中田安彦より)。

その後、'88年にIPCCが設立され、「地球サミット」そしてアル・ゴアの派手なプロパガンダへ繋がっていく。つまり、環境問題に先に目をつけたのは金貸しと政財界の人間であり、無論その関心は“環境保護”ではなく“持続可能な経済発展”の方にあっただろう。IPCC報告により、温暖化はCO2が主因と結論付けられ、'98年の「京都議定書」に結実する。当時のIPCC議長ロバート・ワトソンは、あの悪名高い「緑の革命」176646や食料貿易の自由化181178を推進した世界銀行の出身だ。

そして、温暖化の議論は現在、各国における排出権取引市場の拡大から、世界的な炭素本位制社会の確立へとテーマが移行しつつある。

「炭素本位制」とは、CO2排出枠の保有高が国家や企業の開発余力を決めるシステムだ。排出枠ゼロの国や企業がCO2を増加させる開発を行うには金を払わなければならない。金が無ければ借りるしかない。つまりこれは「CO2排出量という負債」からマネーを生み出すシステムである。既に今年の2月には「炭素銀行」なるものの設立構想が、英ブラウン首相とバローゾ欧州委員長との間で合意されている。リンク

こうしてみると、地球温暖化問題とは、中央銀行制度で不換紙幣と信用創造の仕組みが作られた時と同様に、また、金本位制が崩れドル本位制に移行した時と同様に、新たな金貸しシステムを構築するための布石だと考えられる。IPCCは、そんな彼らの目論みに“科学的”なお墨付きを与えるとともに“新システムに最適な環境指標”を絞り込むために設立され、その結果、選ばれたのがCO2だったというわけだ。このようなシナリオは、おそらくニクソン・ショックの段階から描かれていたと思われる。

だとすると、金貸しのターゲットが少し見えてくる。原子力派vs石油派、あるいは京都議定書で嵌められた日本という先進国同志の鍔迫り合いもさることながら、本命は中国、インド、そしてアフリカだろう。現在は議定書の削減義務を免れているこれらの巨大開発途上国の経済成長を制御しつつ、いずれは炭素本位制に巻き込むことで安定的な負債=マネーを発生させることこそ、ドルという打出の小槌を失いつつある金貸したちの次の延命策なのではないだろうか。
 
  List
  この記事は 180629 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_182375
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
207565 「持続可能な発展」と「新しい植民地主義」について 船長 09/05/27 PM10
204935 環境における共認支配〜地球温暖化CO2説のプロパガンダ〜 橋本宏 09/04/22 PM08
202856 巨額環境詐欺事件発生=日本政府がウクライナから排出枠3000万トン購入 猛獣王S 09/03/25 AM07
202451 エドマンド・ロスチャイルド氏 死去 マエ 09/03/19 AM09
地球温暖化詐欺は今も進行中 「★なんで屋@名古屋にゅ〜す★」 09/02/15 PM09
190175 国際金融勢力の環境思想の原点を探る 鈴木康夫 08/10/20 PM04
184520 炭素を市場で売買する欺瞞 〜月尾嘉男の『環境革命の真相』より〜 リンゴヨーグルト 08/09/03 AM01
184171 究極の騙し! 川井孝浩 08/08/28 PM08
184083 酸性雨問題はどこへいったのか? ノッチ君 08/08/27 PM06
182613 炭素本位制は金融実験なのではないか? daisuke 08/08/02 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp