実現論を塗り重ねてゆく
181743 私権不全=共認不全をどう解脱できたの?
 
高橋幸香 ( 20代 横浜 調理補助 ) 08/07/21 AM11 【印刷用へ
>●権力による抑圧etcによる私権不全=共認不全は、親和充足(その極が涙と笑いである)と代償観念(規範観念や価値観念etcの感応観念)で、かなり解脱(解消)できる。(24982

 幹:【 私権不全=共認不全 ⇒ 親和充足+代償観念 】

まず、『私権不全=共認不全』とはどういうことか?
私権不全(私権の強制圧力によって抑圧された共認充足の不全)
24980)<
つまり、私権を獲得するために、現実では共認充足を捨象していた(得られなかった)。しかし、幻想や架空の存在である、ドラマや小説、映画などの主人公や登場人物に自分を重ね合わせ、共感することで、不安を和らげ安心感を得ていた(親和充足)。

また、「みんな仲良く」「結婚すると幸せ」「お金があれば幸せ」など、事実や論理整合なしに、感覚的に思っていたり、こうあるべきだと思い込んでいる、感応観念(代償観念)に収束した。また、課題や規範があることで、統合不全にはならず、解脱(解消)することができた。

しかし、親和充足、代償観念のいずれにしても、結局は現実を否定しているため、表層的、目先的であり、本当の充足から遠ざかってしまう。
それでも、私権時代を生抜く上では必要な活力源であった。
 
  List
  この記事は 24982 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_181743
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
185399 なんで個人感情(親和充足)で?? 柴田理紗 08/09/11 AM10
181994 Re:私権不全=共認不全をどう解脱できたの? 匿名希望 08/07/24 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
抗がん剤は、実は増癌剤だった
白血病で息子を亡くした医師の語った抗がん剤治療の実態
「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢
日本の癌治療の実態〜利権に群がるガン・マフィア
製薬会社と医学部の癒着、現役国立大学教授が実名で現状告発!製薬会社と大学教授がグルになって患者を騙す!
現代医療を牛耳る存在〜国際医療マフィアとは?
近代医療が金貸しに乗っ取られる過程A 〜大卒の医薬品を使う医師のみにお墨付きを与え、他の医療を排除する〜
捏造された新市場(精神疾患と専門薬)2
輸血に関するウソ、赤十字社などの血液利権の巨悪犯罪(1)
輸血は無意味だった!塩水で十分!!
栄養学の嘘:食物のカロリー表示は全く意味のない数字
健康を守れない健康診断。無駄で有害な健康診断。健康診断は患者濫造システム
90%以上のガンは数週間のうちに完治する
千島学説との関連性は?鳥取大、癌は容易に正常細胞へ変換できることを発見
「がん」を考える5〜がん腫は、非常の排毒機能
発熱しても薬は飲むな「世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ@」
現代医療の闇と東洋医学の復権
共認治癒力A
食べなければ死なない@
一日一食健康法
食べることやめるには、腸の菌を育ててから
命のない食べ物が私たちを狂わせてしまう。〜あなたの食歴は大丈夫?
砂糖は怖い
JTは、タバコより「塩」をどうかして欲しい。
子供の脳を破壊してしまう危険な化学塩
牛乳の害(ここにもアメリカとマスコミ支配の影が・・・)
知ってる人は食べない、七つの食品
放射能汚染から身を守る為の知恵〜塩、味噌が身を守る!
微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る 1
微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る 2
「たまねぎ氷」で見直されるたまねぎの効能
重曹は放射能汚染除去にも強い威力
重曹うがいを1ヶ月続けてみた。⇒効果大!
ガン死亡率が増えているのはタバコが原因?
タバコ発ガン説のウソ
タバコと肺がんの関係における統計学的なごまかし
タバコの常識の嘘
新事実が出ているにもかかわらず見直されない『母子手帳』
欧米にはなぜ寝たきり老人がいないのか?
驚愕!エイズは嘘だった

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp