実現論を塗り重ねてゆく
181743 私権不全=共認不全をどう解脱できたの?
 
高橋幸香 ( 20代 横浜 調理補助 ) 08/07/21 AM11 【印刷用へ
>●権力による抑圧etcによる私権不全=共認不全は、親和充足(その極が涙と笑いである)と代償観念(規範観念や価値観念etcの感応観念)で、かなり解脱(解消)できる。(24982

 幹:【 私権不全=共認不全 ⇒ 親和充足+代償観念 】

まず、『私権不全=共認不全』とはどういうことか?
私権不全(私権の強制圧力によって抑圧された共認充足の不全)
24980)<
つまり、私権を獲得するために、現実では共認充足を捨象していた(得られなかった)。しかし、幻想や架空の存在である、ドラマや小説、映画などの主人公や登場人物に自分を重ね合わせ、共感することで、不安を和らげ安心感を得ていた(親和充足)。

また、「みんな仲良く」「結婚すると幸せ」「お金があれば幸せ」など、事実や論理整合なしに、感覚的に思っていたり、こうあるべきだと思い込んでいる、感応観念(代償観念)に収束した。また、課題や規範があることで、統合不全にはならず、解脱(解消)することができた。

しかし、親和充足、代償観念のいずれにしても、結局は現実を否定しているため、表層的、目先的であり、本当の充足から遠ざかってしまう。
それでも、私権時代を生抜く上では必要な活力源であった。
 
  List
  この記事は 24982 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_181743
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
185399 なんで個人感情(親和充足)で?? 柴田理紗 08/09/11 AM10
181994 Re:私権不全=共認不全をどう解脱できたの? 匿名希望 08/07/24 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp