農村を活性化させる為には?
18156 市場社会構造の組み替えがはじまった。
 
田村正道 ( 39 京都 建築士 ) 01/12/09 AM01 【印刷用へ
長谷さんこんにちは
「農の活力再生には社会構造的な議論が必要」という事と理解しました。

私は、お金を指標として、豊かさ追求を活力源とする「市場社会の構造」を組み替えると言うことではないかと思います。

さかのぼりますが、一体なぜ農業が誇りの持てない産業になったのか?
食べ物を司る事ですから重要でないわけはありません。ところが、私達は農業に期待したり感謝するのではなく「お金」に期待し、感謝しているのではないでしょうか?

これを反対に農家から見れば、一般的に農作物はとても安い。美味しく栄養のあるお米が、殆ど実質価値のない商品よりも安いことはよくあります。(恥かしい話しですが米があれほど安いとはこれまで知りませんでした)従って収入がとても少ない。
2桁も違う。共認されている指標(お金)が低いのですから「これではやってられない!」と思うのは当たり前だったとおもいます。

市場社会では、「実質価値」より「市場価値(商品価値)」によって勝敗(→評価)が決まりますから、いいものであっても飽和した時点で評価がさがります。(=安くなります)反対にいつまでも少ないダイヤモンドなどは高い。
また市場価値(商品価値)は「欲しくなる」ことで値段があがりますが、だからといって実質価値が高いとは限りません。

日本ではいま欲しいものを探すことが難しいほど飽和しています。全てのものの評価が下がって底無しのデフレです。だからこそ、「市場原理ぬき」で実質価値が問われるように転換できる可能性がある。
実質価値とは、これまでも会議室で話されたように、栄養価だけでなく信用や感謝といった心の充足を伴う農あるいは食といったものであろうと思います。

「感謝」は最高のご馳走だし、みんなで食べればうまい!(共食)や、「自作した作物は旨い」というのもありましたね。
農・食の「実質価値」は「生かされている感謝の充足」というところでしょうか?

ネットでの新しい農の紹介や、スーパーでさえ商品に農家の紹介を付けたりしていることからみても、農の誇りは、市場社会の原理と順序を入れ替えて、「農業」への期待や感謝がすっきりつたわる事を「主」とし、お金のやり取りが「従(手続きのようなもの)」になるような関係から新しく立ちあがりはじめているように感じます。

 
  List
  この記事は 18098 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_18156
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
インターネットに見る農の可能性 「新しい「農」のかたち」 08/07/09 PM04
市場を考えることなしに 農薬問題は見えてこない!? 「新しい「農」のかたち」 07/03/30 PM01
96819 情報公開は交流の場でしか分からない 今井勝行 05/09/04 PM02
92676 供給を主とする 立石裕美 05/06/14 PM09
92675 農協の歴史 前山修司 05/06/14 PM09
85743 食の提供者から新たな場の提唱者へ 伊藤浩 05/02/15 PM10
85652 農・食の実質価値とは? 関谷啓太郎 05/02/13 PM11
84879 顔の見える=期待の見える「農」に対する評価を活力源とするための食料自給 小圷敏文 05/01/30 PM06
55006 信頼をキーワードとした農業の、たくさんの可能性。 武田瑞紀 03/05/15 PM07
18597 幻想価値から本物の実質価値へ反転する。 松本幸二 01/12/15 AM00
18551 農への誇り再考 ゲン 01/12/14 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp