西洋医療と東洋医療
180630 食品偽装は今やこの国のスタンダード?
 
うな紀 ( 養殖場 ) 08/07/05 PM00 【印刷用へ
昨年からの食品偽装が相次いでいますが、今度は魚秀と神港魚類がウナギの産地を偽装したとのニュースがテレビ、新聞、ネットを駆け巡りました。

この食品偽装問題とメディアの関係に関して、興味深いブログを発見しましたので紹介します。

芳川充さんという食品アドバイザーの方が運営されている『うなぎを見れば日本が見える』リンクです

以下引用

*********************************

さて、今回のウナギ偽装は金額規模が大きいことと、ワイドショー的な話題も手伝って、大きなニュースになっています。

しかし、僕が昨年来、何度も書いているように、
食品偽装などどこでも行われており、ニュースになるかどうかは、捕まるか捕まらないかで決まっているだけ。

ウナギは少なくとも昨年までは、”国産”表示の8割がニセモノ。
摘発された数量は、偽装された量の10%以下。

ウナギは単なる象徴で、他の魚種、他の農畜産物でも、
いやいや、日本社会全体が偽装社会。
だから
「一億総偽装社会」とも以前書きました。

メディアの論調、一般市民の感じ方も相変わらずの反応。
偽装した人を”特別な悪”として糾弾し、
「倫理感覚がマヒしている」とする。

*********************************

この人によれば、現在の国産の8割がニセモノとのこと!その内摘発されているのはたったの10%。
そして、メディアが伝えるのは、摘発されたもののみ。
摘発された業者のみをとことん叩き、他にのうのうと偽装を繰り返している輩はほったらかし。そこには全く言及せずに・・・。

今の日本は、偽装が標準になってしまったのでしょうか?
 
  List
  この記事は 180505 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180630
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp