暴走する悪徳エリートの所業
180592 CO2温暖化説を政治に持ち込んだのはマーガレット・サッチャーだった!
 
marine 08/07/04 PM08 【印刷用へ
179796の投稿、興味深く読ませていただきました。中でも、BのCO2温暖化説を政治の世界に持ち込んだのは、マーガレット・サッチャーだったというあたりは非常に興味深いので、引用、要約して投稿します。(>は引用部です。)

*********************************

(1970年代以前は、地球温度=太陽活動説が主でした。そして、スウェーデンの科学者バート・ポリンが人間の排出するCO2温暖化説の仮説を立てましたが、世間的には見向かれもしない状況であり、専門家にも相手にされない状況でした。)

>しかし、2つの出来事がそれを変えます。
1つ目は、気温が上がりはじめたことであり、
2つ目が、炭坑ストライキが始まったことです。

>マーガレット・サッチャーにとってエネルギーは政治問題でした。
70年代初頭のオイルショックで世界は不景気へ突入しました。
炭坑夫はテッド・ヒース率いる保守政権を崩壊させました。
サッチャーは同じことが起きないように炭坑夫の影響力を破壊しようと決心しました。

>“この国で私達が目にしているのは、組織化された革命的少数派の出現です。労使紛争に付け込もうとしていますが、彼らの真の目的は法と秩序の破壊であり、民主的議会政治の破壊です”(サッチャー談)

>気候変動とか地球温暖化が話題となったとき、彼女はこれは良いと思ったのです。
CO2を排出しないから論拠になる、原子力に向かうべき理由になると
これがおおよそ彼女が実際に言っていたことです。
それ以降、事実はねじ曲がって行きました。
サッチャーは英国王立協会に行って、科学者たちに言いました。
“お金は用意してある これを証明して欲しい”
もちろん、科学者たちはやりました。

>サッチャーの要請で英国気象庁は気候モデル部門を設立しました。
それが新しく国際委員会となる、気候変動に関する政府間パネルIPCCの基礎となりました。
彼らが最初に発表したレポートは、地球温暖化の結果、気候災害が起るという予測でした。

********************************

このようにして、たった数ヶ月前の王立協会の会議では、太陽の役割が主題だったにもかかわらず、それまでの気象科学を完全に無視してCO2地球温暖化説を流し始めたのです。
 
  List
  この記事は 179796 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180592
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
183655 米国が京都議定書の批准を拒否した背景 田中素 08/08/21 AM10
181538 『CO2温暖化説』は、どのように広がっていったのか? 匿名希望 08/07/18 PM07
181319 金力による捻じ曲げられた事実 山崎浩一 08/07/15 PM11
181103 子供たちはCO2地球温暖化説を当たり前に勉強する 権守美保 08/07/12 PM10
181102 「CO2温暖化説」も「民営化」も、元々は抵抗勢力を排除する為の正当化観念 山田孝治 08/07/12 PM10
180712 CO2温暖化説は宗教や近代思想と同様、倒錯と欺瞞にまみれている。 庄恵三 08/07/06 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp