共認運動をどう実現してゆくか?
180233 カーボンオフセットの中身とは?
 
ノン ( 21 自由人 ) 08/06/28 PM11 【印刷用へ
カーンオフセットとは?
カーボン=二酸化炭素、オフセット=相殺 を意味している。

カーボンオフセットとの中身とは?
各企業が自社の商品に排出権をセットにして売ることで売上の一部を国に寄贈されることにより、国が京都議定書で定められてる二酸化炭素削減を実現させる、又は、排出権を買う資金にする仕組み、内容である。

具体的な商品とは?

1、Green Site Lisense(グリーンサイトライセンス)
これは、ネット上でGSLのロゴを買うことで排出権を買ったことになり、GSLが発行したロゴを自分のサイトに張ることでCO2排出活動に参加した証明になる。
詳細はサイトで⇒リンク

2、カーボンウエディング(以下リンク)
カーボンパスウェディングは、結婚式、披露宴、そしてハネムーンから排出されるCO2を、クリーンエネルギーなどにより削減されたCO2とオフセットし、バランスをとることによって、地球環境に負荷をかけない結婚式、披露宴を実現します。

といった形での排出権の購入
詳しくは⇒リンク

3、ユニ・チャーム(以下リンク)
日常生活で必ず出てしまうCO2(=カーボン)を、ムーニーマンを購入していただくことで、代金の一部をCOJ(※2)を通じてCO2削減活動に活用していただき、相殺(=オフセット)しようというのが、ユニ・チャームの取り組む「カーボンオフセット」です。
詳しくは⇒リンク


上記に上げた3点以外にもカーボンオフセット年賀など様々な商品がある。
これら全て環境市場を確立させたいが為に環境貢献という名を借りた企業の戦略であり、実際には消費者はお金を払っただけでCO2削減にはならない。
結局は、お金でCO2削減すること自体がおかしいと思いました。
 
  List
  この記事は 179894 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180233
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
326498 時代遅れのカーボンプライシングを強化中 上前二郎 17/05/14 PM08
「カーボンオフセット」って何? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/07/05 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp