アメリカ→官邸→マスコミによる支配
179796 「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ
 
tanvool HP ( 岡山 会社員 ) 08/06/24 AM04 【印刷用へ
リンク(4つの目で世の中を考える)というブログに、「地球温暖化の原因がCO2である」という通説が科学的根拠の薄弱なウソにまみれたものだリンクという事を告発するドキュメンタリー(字幕付き)を紹介しています。

参考になるので、ぜひ見てみてください。

@消されている Aリンク、Bリンク、C消されている、Dリンク、Eリンク、Fリンク、Gリンク
 
  List
  この記事は 175310 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 ブログ5 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_179796
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
349789 CO2による地球温暖化の捏造も、もはや滑稽の域になった 麻丘東出 19/09/29 AM01
288305 米国の物理学教授:「科学者としての長い人生の中で、地球温暖化ほどの疑似科学的な巨大詐欺は見たことがない」 14/03/13 PM11
「緑の帝国」=世銀が発行する“グリーン世銀債”がついに日本上陸! 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/02/28 AM01
世界銀行の「エセ環境保護」戦略と途上国破壊・収奪の全貌… 「にほん民族解放戦線^o^」 09/04/22 PM10
184195 『「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ』が見られなくなっています!! 猛獣王S 08/08/29 AM10
「地球温暖化」を口実にしたグローバル企業の寡占化を世銀が推進…というシナリオ 「にほん民族解放戦線^o^」 08/07/28 PM09
『地球温暖化詐欺』を知ってますか?-本編? 環境運動は何のため? 「地球と気象・地震を考える」 08/07/26 PM01
『緑の帝国』−世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム 「にほん民族解放戦線^o^」 08/07/25 PM11
181838 なんで“The Great Global Warming Swindle”はつくられた。 ミルキーマン 08/07/22 PM04
181817 無為徒集のつながりの原因 クレイン 08/07/22 AM08
181099 CO2温暖化説ウソかホントか?ではなく、環境問題どうする?が議論すべき本質問題 匿名希望 08/07/12 PM10
CO2地球温暖化説のウソを斬る!4 〜ファシズム化する環境運動〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/07/12 PM08
『地球温暖化詐欺』を知ってますか?-本編? 気候モデルのまちがい 「地球と気象・地震を考える」 08/07/11 PM01
『地球温暖化詐欺』を知っていますか?−本編?− 「地球と気象・地震を考える」 08/07/11 PM01
『地球温暖化詐欺』を知っていますか??−登場人物プロフィール編− 「地球と気象・地震を考える」 08/07/10 PM07
CO2地球温暖化説のウソを斬る!1 〜CO2温暖化説に根拠などない!〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/07/10 AM02
180713 「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ【レジュメ】 猛獣王S 08/07/06 PM07
180629 金貸し(右派)と環境過激派が相乗りしてCO2温暖化説をプロパガンダ marine 08/07/05 PM00
180592 CO2温暖化説を政治に持ち込んだのはマーガレット・サッチャーだった! marine 08/07/04 PM08
180552 地球温暖化詐欺を暴くビデオB〜地球温暖化のメカニズム jeremie 08/07/04 AM02
180546 CO2詐欺を告発する環境ビデオ見ました!@ ポール 08/07/04 AM01
180492 チェコ大統領が温暖化問題を斬る「プロパガンダが真実となってしまった典型的な例」 COLA 08/07/03 AM08
ドル基軸通貨体制で儲けていたのはイギリスの金融資本では? 「日本を守るのに右も左もない」 08/07/01 PM10
「地球温暖化詐欺」はどっちでしょう 「温暖化いろいろ」 08/06/28 PM08
ビデオ 「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」 「本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい」 08/06/25 PM10
179900 「旧観念」に替わるゴマカシの観念「環境思想」 末廣大地 08/06/25 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp