学者とマスコミはグルで頭脳支配
179530 朝日新聞社っていつもズレてない??
 
清水志保 ( 26 大分 ) 08/06/20 PM07 【印刷用へ
朝日新聞社の記事は、改めて読む価値が無いと感じました・・・。
(以下引用 リンク )

---

★「死に神」表現に猛抗議 死刑執行で鳩山法相★

 「苦しんだ揚げ句に死刑を執行した。彼らは『死に神』に連れて行かれたのか」。鳩山邦夫法相は20日の閣議後会見で、13人の死刑執行を命令したことを朝日新聞が「死に神」と表現したことに対し「軽率な文章には心から抗議したい」と怒りをあらわにした。

 朝日新聞18日付夕刊の「素粒子」欄は、鳩山法相について「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと記載した。

 これに対して鳩山法相は「極刑を実施するんだから、心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義のためにやむを得ないと思ってきた」と語り、「(死刑囚にも)人権も人格もある。司法の慎重な判断、法律の規定があり、苦しんだ揚げ句に執行した。彼らは死に神に連れて行かれたのか」とマイクが置かれた台をたたいて声を荒らげた。

 さらに「私に対する侮辱は一向に構わないが、執行された人への侮辱でもあると思う。軽率な文章が世の中を悪くしていると思う」と語った。

---

【死刑制度は今のままで良いのか?】
【何故、宮崎勤死刑囚の起こした様な残酷な殺人事件が後を絶たないのか?】
どちらもこれから私達が生きて行く為に、どうするのかを考えて乗り越えなければならない壁のひとつだと思う。
そんな中“死に神”等という下らない比喩を使って新聞記事を書いている朝日新聞社が信じられない。

誰かが何かをする度、それを面白半分で報道して、自分達の食い扶持しか考えていないマスコミの情けない行動。
そんな記事で世の中が上手く行くとでも思っているのだろうか?
改めて、朝日新聞社のレベルの低さを感じた。
 
  List
  この記事は 152310 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_179530
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
204107 またまたまた朝日新聞がしでかしてくれました 匿名希望 09/04/11 PM00
181519 朝日記事の信頼度が最も低い理由 猛獣王S 08/07/18 PM03
180554 また朝日新聞が。。。 川井孝浩 08/07/04 AM05
180090 「死に紙」。。。。朝日新聞 匿名希望 08/06/27 AM02
179828 答えが出せないことを風刺?で誤魔化す朝日新聞 匿名希望 08/06/24 PM07
179770 朝日ずれまくる 狒狒 08/06/23 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp