いい女って、何?いい男って、何?
17859 心の器
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/12/05 PM07 【印刷用へ
心とか気持ちは、初めから器の大きさが決まっててそれをどれだけ割り振るかっていうものじゃないと思うんです。
そんな風には感じない。

むしろ、充たされている時ほど、寛容になっているのが分かる。人のいいトコばっかが見えてくるし、ドンとこいって感じで、色んな物事が素直に受け入れられる。逆に不満がある時、ほんと、心の狭いヤナ奴になる。

心という器は、充たされるほど拡がって、充たされないほど閉じてしまっているもの、そういう流動的なもので、物理的な容器なんかじゃない。
だから私は、単純に、幸せな関係も連鎖してゆくって思います。
 
  List
  この記事は 17678 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_17859
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
333571 ただ純粋に、向き合う 鈴木葵 18/02/19 PM08
「こそばゆい感覚☆」感じてますか〜☆*:・° 「女の職場話」 13/07/25 PM01
261916 充たされるほど、応えたくなる♪ 鈴木葵 12/03/04 PM00
261722 【心の器】どうしたら大きくなるの?おすすめリンク★ 星野優美 12/02/25 PM10
あれこれ考えず、相手やみんなにただただ向かうことが、充足への第一歩♪ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 12/02/09 PM09
日々、充足していられるのは・・・☆ 「女の職場話」 11/12/15 PM03
221344 充たされることで、委ねられるようになった♪ きなこ 09/12/06 AM01
220162 心の器、充たされるほど広がっていく 春風 09/11/20 PM09
「充足メモノート」で、日々の充足を積み上げよう! 「女の職場話」 08/06/05 PM07
177710 まずは女が、全てを受け入れる。 西田美和 08/05/28 PM04
もう充分に充たされているという感覚☆ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 08/04/03 AM01
キャパシティ=器、を広げるには? 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/11/16 AM00
新作カード「るりまつり」の花言葉 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/08/18 PM04
“満たす”ではなく“充たす”のワケ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/07/11 PM11
新作カードが出ます! 「路上で世直し なんで屋【関西】」 07/07/09 PM08
「心の器 充たされるほど 広がっていく」〜新作カードができました〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/07/09 PM06
152891 プライドが傷付くとは? 三浦弘之 07/05/28 PM03
オーガズムを感じたい(o゜▽゜)o?〜あげまん呼吸法の効用〜 「イマドキの男女事情!?」 07/02/27 PM11
女の器をどう拡げる? 「イマドキの男女事情!?」 06/12/22 AM02
118611 「みたされる」 小林千春 06/06/05 PM07
なんでや池袋露店 「いい男・いい女 」 05/08/20 PM04
なんでや劇場「恋愛」 「るいネットを応援しようじゃないか」 05/04/26 AM01
87267 充たされるほどに拡がる“充足の器” 福島健 05/03/12 PM11
感じるアンテナを張る 「なんで屋<男塾>梅田」 05/03/02 PM10
17860 心にフタをしない 立石裕美 01/12/05 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp