マスコミに支配される社会
177738 こんなモノ要らない=役に立たない「構造認識」
 
家村和宏 ( 42 大阪 会社員 ) 08/05/28 PM09 【印刷用へ
>しかし大衆的には、生命力を失った近代観念はあっけなく見捨てられ、’70年以降、思想に対する無関心が一気に蔓延してゆく。そして’90年、社会主義の破綻とバブルの崩壊によって、遂に誤ったor無力な「構造認識」に対する不信が顕在化し、拒絶視されるに至った。

私が学生だった'80年代後半から、その後'90年前半にかけてバブルの崩壊〜社会主義の破綻など日本はおろか、世界に激震が走った現実を目の当たりにしてきた。またその前('85年)のオウム事件なども含めてまさに世の中が混迷の時代に突入していった頃、テレビでは「朝まで生テレビ」という深夜の討論番組が大人気であった。司会の田原総一郎の過激なトークが売りであり、実際に麻原彰晃や大川隆法、右翼の大物なども生出演し、彼らに大学教授、評論家、エコノミスト、政治家など知識人が対峙して「宗教問題」「天皇問題」などタブー視されていたテーマをも取り上げて激論を繰り広げ、興奮して見ていた記憶がある。

しかし改めて思い返してみれば、口角泡を飛ばしての激論はよかったが、結局は時間切れや、話が平行線をたどり結論が出ないままで終了など、どこか後味の悪い終わり方が多かった気がする。特に学者などはひたすら持論ばかりを長々と展開して、結局は何が言いたいのかさっぱり分からん、という人種が数多くいた。

そして政治家も評論家も含めて、とかく知識特権階級という人種は理想論は言葉巧みに語るが、では現実問題として「どうすればいいのか?」という「答え」を提示できない人々、という事実をメディアを通じて見事に露呈してしまったのである。さらに言えば討論の中身よりも政治家であれば如何に地元選挙区の利権、利益、学者であれば自分の面子、プライドを保てるか、ということに腐心する人種であることを露見してしまった。

>今や、「構造認識」は統合階級(学者や官僚やマスコミ)の商売道具として残存しているに過ぎない。もちろん心ある大衆は、そんなモノを全く信じておらず、彼らの言説を耳目にする度に吐き気を催すほど、ほとほとウンザリしている。
これが、答えを出せない状況の実態である。(18718)

すでにメディアの人気取りだけのエキサイティングな演出は見限られている。今や可能性が感じられる本物の場こそが求められているのである。
 
  List
  この記事は 18718 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_177738
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp