アメリカ→官邸→マスコミによる支配
177288 メディア界に君臨する電通〜その株主構造〜
 
アリンコ ( 20代 横浜 インテリアン ) 08/05/23 PM10 【印刷用へ
メディア最大の権力と言えば電通。この電通はどのような権力構造になっているのだろうか?世間ではロックフェラーが支配していると言われているが、今回は株主構造からその一端を探って見た。

□電通の株主
・共同通信11.6%
・時事通信7.36%
・日本マスタートラスト信託銀行(信託口)4.53%
・みずほ銀行4.07%
・日本トラスティサービス信託銀行(信託口) 3.44%
・日本トラスティサービス信託銀行(信託口4)1.58%

共同通信、時事通信が多くの株を所有している事はなんら不思議な事はないが、ちょっと気になったのがみずほ銀行。さらに気になるのが初めて聞いた日本マスタートラスト信託銀行、日本トラスティサービス信託銀行の2つの信託銀行。この2つの信託銀行で10%を超える株を所有している。一体彼らは何者なのか。

□日本マスタートラスト信託銀行
 日本マスタートラスト信託銀行は、その前身がチェースマンハッタン信託銀行である。つまりロックフェラー系列の企業である事が推測される。
 株主構造は、三菱信託銀行が43.5%とほぼ半数の株主を所有している。
三菱はロックフェラー財閥と関係の深いと言われており、日本マスタートラスト信託銀行がロックフェラーと関係の深い企業と推察する事が出来る。

□日本トラスティ・サービス信託銀行 
 日本トラスティ・サービス信託銀行は、ゴールドマンサックス系列であるといわれており、あのゆうちょ銀行の債券管理業務を-10億円で落札した事で有名な信託銀行である。ゴールドマンサックスと言えば、元はロスチャイルド系列であったが、今はロックフェラー系列であるようだ。
その株主構造を見てみると
・りそな銀行 33.33%
・住友信託 33.33%
・中央三井トラスト・ホールディングス 33.33%
となっている。
りそな銀行は、ベンジャミンフルフォード氏によると、ロックフェラーにのっとられた銀行である。リンク
 とすると、やはり現在は、ロックフェラー系の力が強いと考えられる。

□みずほ銀行の株主
 最後のみずほ銀行の株主構造を見てみる。
・日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 5.98%
・日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5.57%
・日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4) 2.37%
・ザ チェース マンハッタン バンク エヌエイ ロンドン(常任代理人 みずほコーポレート銀行) 1.25%
 
このように日本トラスティ・サービス信託銀行や日本マスタートラスト信託銀行がみずほ銀行の株もかなり所有している事が分かる。また、チェースマンハッタンも少量だが株を所有している事が分かる。

 以上、まとめると、電通は、株主構造から見てみてもロックフェラー系の影響強いと言う事は間違いないだろう。

 こうして見てみると、メディアは彼らの都合の良い情報を中心に放映するというわけだから、都合の悪い事=真実は、求めたところで出てくるわけはないという当たり前の事を改めて痛感させられる。
 
  List
  この記事は 167055 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_177288
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
194570 電通の自社株筆頭化→時事通信社の崩壊は間近か!? リンゴヨーグルト 08/12/11 PM00
193689 TV局の連鎖的赤字は、必然的な評価 たっぴ 08/12/01 AM10
193523 電通だけじゃなかった、日本トラスト系の産業支配 鍛冶屋 08/11/29 PM04
193440 金貸しによるネット支配は可能か? 阿部和雄 08/11/28 PM04
182586 売上の半分をテレビに依存する広告代理店の行方は? かなめんた 08/08/02 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp