市場は環境を守れない、社会を統合できない
177259 アグリビジネスによる農業支配
 
匿名希望 08/05/23 PM06 【印刷用へ
 ターミネーター種子という言葉を聞いたことがあるだろうか。この種子は巧妙な遺伝子組み換え技術を用いて作られた。種子を殺さず、種子が発芽する時点で自殺するように毒素を蓄積させるのだという。これを世界最大の綿の種子企業デルタ&パインランド社(アメリカ)とアメリカ農務省と共同で開発された。この種子技術は現在、デルタ&パインランド社を買収したモンサント社(米)が所有している。モンサント社は遺伝子組み換え作物を支配している企業で、この技術を利用して種子支配を完全なものにしようとしている。農業はすでに企業に支配されている。
 企業による食糧支配の現状は以下のようなもの。
---------------------------------------------------
(引用「自由貿易で食料が一握りの多国籍企業の支配下にー途上国の貧困を助長」農業情報研究所(WAPIC)リンク

モンサント、カーギル、ネスレ、ウォルマートなどの一握りの多国籍企業が種子からスーパー店頭までの食品・農産品供給チェーンを支配するようになった。
トップ30の食品小売企業が世界の食品雑貨の3分の1を売り上げ、ペルーのミルク生産の80%をたった一つの多国籍企業が、世界の穀物貿易の90%を五つの企業が、世界の農薬市場の4分の3を六つの企業が支配している。
二つの企業が世界のバナナの半分を販売、三つの企業が世界の茶の85%を貿易、ウォルマート一社でメキシコの食品小売部門の40%を支配している。 
---------------------------------------------------

 日本を見ても同じである。農家は農協に支配されている。いまや農協組織を維持するために農家は働いているようなもの。「農家のための農協」はいつの間にか変質している。例えば農機を買うときなど、以前は田んぼを担保にお金を借りれていたが、現在は田んぼが担保ではよほど立地条件(広い道路に面しているとか、埋め立てて普通の宅地として売れるかどうか等)が良くないとお金は借りれないという話もあるらしい。農業を守る姿勢は感じられない。
畜産農家だが、こんな例もあった。
---------------------------------------------------
(「別冊宝島M 日本最後の不良債権」からの引用)
農協のあり方を考えている岩手の弁護士千田實は当時30もの訴訟を手がけていた。   
畜産農家は子牛や子豚を買って育てて、市場に出す。その収益でご飯を食うわけだが、子牛や子豚は農協を通して仕入れ、餌も農協から買う。そして成牛、成豚も農協を通して売る。すべての取引で農協が価格を決めている。
これでは農家は単なる農協の作業員でしかない。しかもこれで生じた負債は農家がもつことになるらしい。平均で2億ぐらいだという。それで千田さんは農家の味方になって訴訟を助けている。
---------------------------------------------------    
 農業を単なるビジネスと捉えるならば、食糧不足や農業従事者不足の問題は解決しそうにない。
 
  List
  この記事は 176105 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_177259
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
食について考えさせられる映画:「食の未来」と「いのちの食べ方」 「本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい」 08/06/24 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp