次代の活力源は?
176700 期待は一方通行では成立しない!
 
川井孝浩 HP ( 35 東京 設計 ) 08/05/17 PM04 【印刷用へ
期待をかける事が苦手。期待されるのは苦手。

最近の若者にけっこう多い。

しかしそれは、「期待」の構造が理解できていないからではないかと思う。
もっと言えば、それは単なる自己中であるといっても良い。

上記の苦手意識の源泉は、期待を一方的に与えるもの、与えられるもの、との認識にあるのではないかと思われる。

しかし、期待とは、期を待つ、と書く。
すなわち、相手に発信したら終り、ではない。

期待を発する状況とは、大抵の場合『外圧』を対象化しているからこそ発せられるものである。
すなわち、一人では太刀打ちできない時、あるいはその状況に適応できる能力を発揮させたい、と感じる時など。

いずれにしても、その外圧とは相手にも自分にも同じように降りかかっているからこその物であり、だからこそお互いに「なんとかしたい!」という思いが期待として顕在化するのだ。要するに、期待とは発する側にも常に圧力の働いた状態である、という事。

そして、この構造が理解できていれば、「なんとかして応えたい!」という思いが伝わり、お互いが圧力源となり活力源となって行く。

新概念の定義集リンク
同類圧力
共認機能
といった認識群は、まさにそのような構造を定義してくれている。

こんな時代だからこそ、「なんとかしたい!」とみんなが感じている期待は、無数に存在する。
その豊富な活力源を無駄にしない為にも、新しい認識を広めて行きたい。
 
  List
  この記事は 164308 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_176700
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
241726 必要性は興味に変わる! 岩井宏之 10/12/04 PM10
198686 「与えてもらうのが当たり前でない」と気づいたとき 西知子 09/01/31 PM00
179426 期待に応えるだけでは足りない 匿名希望 08/06/19 AM03
177586 現代の親は過保護なのか? 志水満 08/05/27 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp