アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
17664 マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
 
井上宏 ( 39 新潟 建築コンサル ) 01/12/02 AM00 【印刷用へ
マネー経済拡大の原因を考えていくうちに、どう考えてもアメリカが疑わしく思えてきました。これはアメリカの支配戦略の一環に違いないと言うことです。以下のように戦略的にマネー経済化の誘導を果たしたのではないでしょうか?

金融市場を戦略的に利用する方法としてグローバリゼーションが立案されたこと。これにはアメリカの支配戦略が大きく関わっているように感じます。1980年代の世界は、ソ連の力の衰えが明白になり、軍事力ではもはや敵はいない。逆に市場では日本の経済的な強さとアジア諸国の成長性の高さが際だち、アメリカは産業の弱さと三つ子の赤字に苦しんでいた。そこでこの市場で優位に立ち、アメリカのヘゲモニーを確立する必要があったわけです。
 
金融市場をテコにして一気に逆転を狙った戦略、それが一言で言えばグローバリゼーションです。アメリカは自由という旗印があり、一方で基軸通貨国です。これを最大限利用して考えられた戦略です。自分の国に有利な制度を先行して作り、それを自由化・市場化の名の下に他国に押しつける。その後はヘッジファンドなど闇の勢力が押し寄せ食い物にする。それには、様々な規制は邪魔でしかありません。食い散らかした後はさらにアメリカのIMFが手当と称してさらに深く関与していく。
 
マネー経済が急拡大した背景には、国際間の垣根を取っ払い世界の金融市場をオープンにするグローバリゼーション化が大きく作用した。これはアメリカの支配戦略の結果に他ならない。そしてこの表と闇の使い分けは劇的な効果を生み、今や世界のほとんどがアメリカの市場戦略に組み込まれてしまった。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_17664
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
世界の収奪のカラクリ:世銀は途上国を救うためではなく搾取システムを構築するために存在する 「にほん民族解放戦線^o^」 08/09/30 PM11
「共産主義国家」の人々はなぜ豊かになれなかったのか? 「晴耕雨読」 08/02/26 PM06
【2007 重大ニュース アメリカ支配関連(1)】合併・民営化の波が日本の市場を支配する! 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/12/19 PM01
【2007 重大ニュース アメリカ支配関連(1)】合併・民営化の波が日本の市場を支配する! 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/12/19 PM01
世界の収奪のカラクリ:世銀は途上国を救うためではなく搾取システムを構築するために存在する 「にほん民族解放戦線^o^」 07/11/25 AM04
157607 会計基準改正による日本包囲網 石川笑美 07/07/25 PM11
「共産主義国家」の人々はなぜ豊かになれなかったのか? 「晴耕雨読」 07/06/29 PM11
オススメ番組紹介 BS海外ドキュメンタリー『食とグローバリズム』 「新しい「農」のかたち」 07/06/06 PM02
148015 数字のトリック 阿部佳容子 07/03/25 PM09
118468 アメリカ通貨・金融支配史1940〜1970 〜ドル体制の確立と弱体化〜 井上宏 06/06/04 PM09
115857 「三つ子の赤字」とは Svengali 06/05/25 AM02
115611 IMFの「支援」の実情=金貸し屋 匿名希望 06/05/23 PM10
115362 アメリカ支配が続くのは ゆずの素 06/05/22 PM10
107653 市場絶対の固定観念から脱却できれば、アメリカに怯える必要もない 吉川明博 06/03/19 AM05
105872 日本のマネー経済の構造 匿名希望 06/02/17 PM02
103647 2008年問題とネバダリポート 磯貝朋広 06/01/05 PM09
外資の今後の戦略 「開放空間「THE ROTEN」」 05/12/10 PM09
日本バブル再燃か? 「路上日記@なんで屋」 05/12/02 AM04
アメリカが目指している資本主義の本質 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/08 PM07
アメリカが目指している資本主義の本質 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/08 PM07
98508 ODA…そしてIMF・世界銀行の真の意図は…? tanvool 05/10/05 AM01
98327 アメリカはいじめっ子 嶺山志保 05/10/01 PM11
98158 アメリカ市場支配⇒共認社会へ 清水志保 05/09/29 PM10
98026 アメリカに国を売るための第一弾が「郵政民営化」 麻丘東出 05/09/28 AM02
アメリカの支配欲の強さは? 「開放空間「THE ROTEN」」 05/09/17 PM09
94277 外資ファンドのハゲタカっぷり@ にっすぃ〜 05/07/10 PM11
92875 世界の共認に追い詰められている気配? 新井弘 05/06/17 PM10
91588 アメリカの軍事力と経済力と幻想共認がアメリカ支配の要因 廣重圭一 05/05/28 AM03
91050 マスコミの共認支配がアメリカ支配を後押ししている 村上祥典 05/05/19 PM09
88925 貧困層の活力をエンジンにする米国(=貧困の輸入) 峯川満章 05/04/15 PM11
88516 『現代史の学習を通してテロ事件の背景を探る 』 中野恵 05/04/07 PM10
83996 市場の狂気 阿部佳容子 05/01/14 PM06
17751 グロバーリゼーションの反作用 ミスター 01/12/04 PM01
17740 グローバリズムの母胎 安冨啓之 01/12/04 AM04
17726 Re:グローバリゼーション 雪竹恭一 01/12/04 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp