日本人の起源(縄文・弥生・大和)
176592 インカ帝国を縄文人だった出雲王国の末裔が建国した可能性について
 
J.J.KING ( 50才代 大阪 自営業 ) 08/05/16 PM03 【印刷用へ
デジタル出版の朝比奈 宏幸著 「嗚呼!縄文文明・黙示録」からの抜粋:
  現在南米のインカに関して多くの資料が発行されているが、そのインカの出身地や出身民族等は全く存在していなかった。多分表題の様な説を唱えているのは日本国内では筆者だけだと思われ、考古学を学んでいる人々は与太話だと一笑に付されると思えた。しかし南米の多くの古代文明の風俗・習慣、遺物等には、古代縄文文化と同じ様な物も多数存在しており、その関連性が海外の研究者の間では、熱く論議されているのも真実である。しかし不思議な事に日本の考古学では、縄文時代とは狩猟採取生活に毛が生えた様な未開の時代であり、全く研究に値しないと考えられており、弥生時代や古墳時代等で中国や韓国を通じて知識や技術が入ってきた物で、その文明を受け入れた大和朝廷によって初めて世界に通じる国作りが始まったとされているのだ。その為に縄文時代には太平洋を渡る技能が全く存在していなかったとされているが、実際世界中には縄文文明との繋がりを示すと思われる事柄が数多く存在しており、古くから縄文文明を評価した論文が多々在る事も事実だった。
 そしてインカ等の古代文明を作った人々がどこから来たかと云う発祥地に関しても、東アジアといわれているが、日本の考古学では頭から否定されていて、その研究もなされていないのが現状だった。しかしインカに関する記録を紐解くと
1).彼等の骨格やDNA遺伝子に関する調査では、南米の人々に縄文人との繋がりが在るとされた。2).インカの創世記の話に神から指示をされて姓名を上下反対にして、現地の名前の呼び方に合わせたとされており、本来は姓が最初で名が後に来る民族と思われ、東アジアの習慣と同じだった。3).インカでは沖縄地方で古くから行われていた2度葬儀と同じ方法で埋葬していたと思われた。それは最初の葬儀の後に暫くして開封して、遺骨を洗い清めるか、又は遺骸がミイラ化していたら、正装した後に、同じ住居の中で生活を共にして生きている時と同じ様に扱う風習がインカに伝わっていたと思われた。4).インカには創世記の話が各地に多くの伝承が残っていたが、その中の一つに日本の古事記の内容と似た話が存在したのだ。
 その創世記の神話の要約は、クスコの南東の洞窟から4組の夫婦が出て来た。そして彼等がある丘に来た時に、アヤル・カチが石を飛ばして4つの山を砕き4つの谷を作ったのを見て恐ろしくなり、アヤル・カチを欺いて出て来た洞窟に閉じ込めて大きな石で穴を塞いだ。その後、7人は誰かが人間の崇拝の対象となり、自分達の父の太陽と話して、子孫が繁栄する様にしようと決めた。するとアヤル・オチェが大きな翼を見せて空に舞い上がり姿を消したが、やがて父の太陽の命令を伝えて、長男のアヤル・マンコがマンコ・カパックと改名して、クスコに住む様に云った。話終えると石像に成ってワナカウレの丘に残った。マンコ・カパックは、兄弟のアヤル・アウカと4人の女を率いてクスコに着いた。マンコ・カパックと姉妹達は、後に太陽の神殿を建てた場所に家を造り、政治を始めた。
 このインカ伝説には前段階が無くて、急に洞窟から出て来た場面から話が始まっているのだが、これは天の岩屋戸の話を指す情景と思われた。つまりそれをアイヌ神話の天の岩屋戸の伝説から考えると、火山の大噴火で太陽が無くなった様に真っ暗になった時に、逃げ込んだ洞窟から出た時には、地域全体の無惨な状況を見て絶望した縄文人達が日本列島を離れる時の事を語ったと思われたのだ。そしてアヤル・カチの話は、日本神話で乱暴者とされたスサノヲ命の事を指していて、八岐大蛇の話で大蛇の身体が谷8つ、山の峰8つあるとして、8の数を元にして八岐大蛇を語ったが、アヤル・カチの形容の仕方から同じ人物を指すと思えた。そしてその後、騙して洞窟に閉じ込めたが、それは古代エジプトの兄弟喧嘩の時に饗宴の場でオシリス神を騙して箱に入れて水死させたと云うセトがスサノヲ命を表していたのと殆ど同じ内容だった。そして日本神話ではスサノヲ命がイザナキ命から追放処分を受けた事からスサノヲ命が縄文人集団から離脱した事を表し、更にスサノヲ命が地下の根の国に住んだとされ関連性が認められた。次ぎにアヤル・オチェの話が続くが、この話は大国主命の事だと思われ、黄泉国へ行った時の話だったが、その内容には黄泉の国の風景だとは思えない描写が有った。つまり行き先は黄泉の国と云われていたが、大和朝廷で神話を編集する時に、スサノヲ命が天空の世界にいたのでは拙いとして黄泉国に変えた可能性が在ったのだ。そしてインカのアヤル・オチェが太陽神に会いに行った時に、太陽神が以下の事を命令した。

  1.王となる兄にマンコ・カパックと名前を変える様に云い、
  2.クスコに住む様に云い、姉妹と結婚して其処で王と成った。

  それに対してスサノヲ命は、オホナムヂ命(大国主命)に以下の事を命令した。

  1.名前を大国主命に変える様に云い、
  2.王となり、
  3.宮殿の場所や作り方を指示して、
  4.自分の娘を正妻にして、
  5.敵だった兄弟を追い払えと云った

  そしてアヤル・オチェは帰って来て伝言を伝えた後に自ら石像に成ったとされるが、大国主命も大和朝廷との国譲りの交渉で、最後には自らが出雲大社の神に成った話が在った。更にアヤル・オチェが急に羽が生えて飛んだ話も不思議だったが、この部分も日本神話に似た部分が在り,其の物語がヤマトタケル命の話だった。彼は最後に急死して白鳥に成って天に昇ったと云うが、是は鳥が人の魂を運ぶと云う出雲地方の信仰が元になっていて、このヤマトタケルの伝説は本来は出雲王国の英雄神の話と思えた。そして実際にはヤマトタケルが実在した可能性は歴史的には全く認められておらず、実在した人物では無くて英雄伝説が在った各地の伝説を、一人の王族の将軍として作り上げた架空の英雄物語とされたのだ。そしてこの地にインカ族の祖先が移住して来た時期は、この国家が利用出来た金属が金や銀、銅そしてその合金を多用していたが、鉄は全く出土していなかった。その事から彼等が南米に来た時期は本国では青銅器文化の段階と思われ、その事から縄文時代の終わり頃に鉄製武器を持った弥生人に敗れた縄文人の村落が急激に減少した時期に、日本列島から大挙して南米に移住したと思われた。更に此処からは筆者の私見ではあったが、出雲王国の有力豪族にイン氏があり、その一族はイン家であり、その呼び方がインケ又はインカと呼べる事からその繋がり方を述べていたのだ。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_176592
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp