暴走する悪徳エリートの所業
176591 餃子と牛肉の違いはなに?
 
ごろごろ ( 30歳代 大阪 ) 08/05/16 PM03 【印刷用へ
 先月、外食チェーンの食肉センターでアメリカの輸入牛肉からまた特定危険部位が混入していた。輸入再開からこれまで再三に渡りチェックミスなどが指摘されているが企業もアメリカ自体も何ら変わるところがないと言うのが正直な感想である。

 ところで気になるのはマスコミの対応である。先日の冷凍餃子事件では全てのマスコミが連日のように取り上げ、特集番組を実施していたことは記憶に新しい。実際、この影響で輸入元のJTは冷凍食品部門の売上は低迷し部門の再編成を検討しているし、生産元の天洋食品は生産加工部門の従業員を全員解雇しており存続は難しい状況である。これに対し今回の輸入牛肉事件は扱いも小さく、知らない人も多い。発見元である吉野屋の株価こそ当日下がったもののアメリカナショナルビーフ社が倒産するといった話は聞いたことが無い。確かに販売前で被害者がいないというのはあるが、発症していれば生死に関わることであり輸入元も先の餃子とはけた違いに多いはずである。

 この扱いの違いがニュースの重要性によるものでないように思えるのは気のせいだろうか?
 
  List
  この記事は 176235 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_176591
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
183112 毒入り餃子の事件にも同じ匂いを感じます 山上勝義 08/08/11 PM06
178359 平成18年度 輸入食品監視指導計画に基づく監視指導結果 野田雄二 08/06/04 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp