共認運動をどう実現してゆくか?
176105 食糧問題(格差は何故できたのか?)デモ
 
ちわわ ( 1 食 ) 08/05/10 PM06 【印刷用へ
■今世界で何が起こっているのか?
 食糧高騰→暴動、打ちこわし。
 非耕作地増大、砂漠化、森林伐採。
 日本は自給率39%。のくせ半分は捨てている。

■なんでこんなことになったの?ちょっと過去にさかのぼって見てみましょう。

1940年代、第2次世界大戦後の敗戦国の復興→世界銀行・IMF(国際通貨基金)の設立。
敗戦国に金を貸付利益を得る。
復興が完了する1960年代、敗戦国は経済成長。で、次に目を付けたのが、発展途上国。
先進国にODA(政府援助機関)が設立され、世界銀行を通じて途上国に援助を行なう。

■緑の革命・赤の革命
赤の革命って共産革命・・・それに対して民主主義国家で起こった革命が緑の革命。
緑の革命って何?
これは、農業技術の革命で、アメリカ、ロックフェラー傘下のカーギル=モンサント社が開発した魔法の種F1種。
例えば米では、もともと台風で倒れたりして天候により被害甚大。対してF1種は茎が太く、短く、葉ふりが細いので密に植えても太陽の光が差し込んでよく育つし、風にも強い。この品種改良はまさに農業の革命で、単位収量が2〜3倍アップし、自給率を達成。途上国は諸手を挙げて喜んだ。

しかし、イイ事ばかりじゃありません。

まず、F1種には罠がある。この種はただでは育たなくて、大量の化学肥料と農薬と水が必要なんです。
さらに、ODAは水の確保のため灌漑施設や、道路や圃場のインフラ整備など土木工事に資本投入します。
そして、規模も収量も拡大すれば、人手を補うために高度な農業機械をお薦めします。

要は先進国は、この品種の導入に、化学肥料、土木工事、農機具を3点セットで途上国に売りつけたわけです。
これで誰が潤うのか・・・そう、欧米の種苗メーカー、肥料メーカー、機械メーカー、ゼネコンです。特にF1種を独占販売するカーギル=モンサント社はぼろもうけ。

それだけではありません。
いつまでも、収量が増え続けるはずもなく、導入時に2倍、3倍に増えた収量やがては頭打ち。さらに化学肥料の投入は土壌汚染を引き起こし、窒素過多や塩害をもたらし、作物が育たなくなってしまいます。一度犯された土壌はもう元には戻らない。こうして耕作地減少。

農民は種や肥料や機械の購入で借金地獄。金持ちでなければ農業を続けることはできません。
追い討ちを「かけるように、収量が増えると農作物の価格が下がって儲からなくなる。こうして農業放棄、貧民はさらに貧民に。

まだまだ続いて、F1種の導入は自給自足の雑多な食物の栽培から単一品種の栽培に転換させ、主食を作ってるならまだしも、綿花やコーヒーやタバコなんてものに転化した日にゃあ、食べるものさえ自前で作れなくなる。
まさに、お金がなければ生きることさえ出来なくなってしまったんです。

これらは欧米が途上国から金をむしりとって、ぼろもうけする巧妙な収奪システムだったんです。

■金貸しは国家に対して金を貸す。
経済援助といっても、国家が世界銀行を通じて国家に金を貸すわけで、貸す以上金利=利息を取る。

こうして、途上国は借金で首が回らなくなり、借金が返済出来なくなる。そこで登場するのがIMFです。

IMFは債務不履行国に金を貸す代わりに政治介入してきます。
まず最初に税金を上げる。福祉や医療や教育といった金を生まないものは切り捨てる。さらに利益を上げるため規制緩和や市場開放を促進させ、安い労働力を使った外資企業の導入を促進する。まさに、ケツの穴までむしりとる極悪非道の手段に打って出ます。
実はこれが赤の革命に対抗して、各国を民主化、自由化に転換させるための緑の革命の正体なわけです。

ひどいと思いませんか?格差はこうして出来上がりました。
 
  List
  この記事は 175327 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_176105
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
食糧危機 3章 グローバリズムがもたらす食糧危機?【緑の革命の負の遺産】 「新しい「農」のかたち」 08/11/24 PM10
188582 食糧問題を隠れ蓑に金融資本家は私腹を肥やしつづけている バスケットマン 08/10/02 PM02
食をめぐる問題? 残留農薬問題・中国の毒野菜 「新しい「農」のかたち」 08/09/29 PM10
食をめぐる問題? ハイチの泥クッキー 「新しい「農」のかたち」 08/09/29 PM10
食をめぐる問題? インドの自殺ロード 「新しい「農」のかたち」 08/09/29 PM10
181590 作られた貧困 ゆ〜た 08/07/19 PM01
181580 カカオの原産地 ガーナと貧困(カカオ農家はチョコレートを食べたことがない) ケロロ軍曹 08/07/19 AM08
177294 食糧収穫量を増やしても飢餓問題は改善しない ミキティ 08/05/23 PM11
177259 アグリビジネスによる農業支配 匿名希望 08/05/23 PM06
177241 食料問題もおかしな事が多すぎる 川田宏子 08/05/23 PM02
176529 【図解】「緑の革命の本質とは」 井上知子 08/05/15 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp