環境破壊
176026 原発と海水温の上昇
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 08/05/09 PM05 【印刷用へ
>確かに海水温は上昇しているようですが、ここで示されているのは、その理由は必ずしもCO2濃度の上昇に伴うわけではないということです。(150567)

特に日本周辺の海水温が上昇しています。

●日本周辺の海水温、世界平均の2倍強の上昇リンク
2007年05月15日 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本周辺の海面水温は、100年当たりで世界平均(0.5度)の2倍強の0.7〜1.6度の割合で上昇していることが気象庁の調査でわかった。
 1900年から昨年までの船舶による観測データを新たに解析した。日本海中部が1.6度と最も高く、四国・東海沖北部が1.3度、山陰から中国、九州が1.2度など西日本で高かった。同庁は、上昇率が同程度の地上気温が影響している可能性があるとみている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用以上)

★特に日本海中部の温度上昇が1.6度(世界平均0.5度の3.2倍)と非常に高い。
この記事はずっと気になっていたのですが、大きな原因として考えられるのは原発ではないかと思います。

●地球温暖化を加速させる原子力発電所は即時全廃すべきだ!リンクより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>「100年で1年間の平均海面水温が最も上がったのは佐渡島北方の海域などを含む日本海中部。世界の海洋平均(100年で0.5度上昇)の3.2倍にあたる1.6度上昇した。」
↑に注目です。 佐渡島は対馬海流とリマン海流が衝突する地点で、原発の温排水が滞留しやすいことが、海水温上昇に結びついていると思われます。 

>日本海中部には、関西電力・北陸電力・東京電力・東北電力の原発がたくさんあります。 リンク
日本側に40基・韓国側に12基程度あるようです。
それらの原子力発電所では、タービンで使用された蒸気を冷却して水に戻すために、取水口から海水を取水し、復水器で熱交換した後に放水口から温排水として海に戻しています。原子力発電所から排出される膨大な廃熱で海水温は7度上昇します。
しかも
>原発周辺海域の漁業ならびに海生生物に及ぼす影響を押さえるために、温排水の温度は+7度以下と定められているようですが、実際には各電力会社のデータ偽装が発覚しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用以上)

原発の温排水については、 
> 原子力発電の熱効率は33〜35%程度であり、電気に変換されなかったエネルギーの殆どが温排水として排出される。火力発電の場合は、タービンに送られる蒸気温度が原子力発電より高いので、最新鋭の発電所では熱効率が42%にも達する(ガスタービンを利用する複合サイクルシステムでは50%近くなる)。また、廃熱の一部はボイラーから直接大気に放出されるので、原子力発電に比べて温排水の量は少ない。リンク

原子力発電は効率の悪いシステムで、膨大な廃熱を出しており、それが海へ排熱されている。原子力発電は、CO2排出が少ない地球温暖化の切り札のようなイメージがマスコミから流され、世界中で建設されようとしているが、海へ直接廃熱されることで周辺海域の温度を上昇させ環境を激変させている可能性が高い。

さらに海水温上昇は、CO2濃度を上昇させるという明確な因果関係があり、原発は海水温を上昇させることでCO2濃度も上昇させている。リンク
 
  List
  この記事は 150567 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_176026
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
299258 原発の長期間停止で海の生態系に変化〜海草が戻り、魚も戻る 島崎歩海 14/12/16 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp