環境破壊
176026 原発と海水温の上昇
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 08/05/09 PM05 【印刷用へ
>確かに海水温は上昇しているようですが、ここで示されているのは、その理由は必ずしもCO2濃度の上昇に伴うわけではないということです。(150567)

特に日本周辺の海水温が上昇しています。

●日本周辺の海水温、世界平均の2倍強の上昇リンク
2007年05月15日 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本周辺の海面水温は、100年当たりで世界平均(0.5度)の2倍強の0.7〜1.6度の割合で上昇していることが気象庁の調査でわかった。
 1900年から昨年までの船舶による観測データを新たに解析した。日本海中部が1.6度と最も高く、四国・東海沖北部が1.3度、山陰から中国、九州が1.2度など西日本で高かった。同庁は、上昇率が同程度の地上気温が影響している可能性があるとみている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用以上)

★特に日本海中部の温度上昇が1.6度(世界平均0.5度の3.2倍)と非常に高い。
この記事はずっと気になっていたのですが、大きな原因として考えられるのは原発ではないかと思います。

●地球温暖化を加速させる原子力発電所は即時全廃すべきだ!リンクより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>「100年で1年間の平均海面水温が最も上がったのは佐渡島北方の海域などを含む日本海中部。世界の海洋平均(100年で0.5度上昇)の3.2倍にあたる1.6度上昇した。」
↑に注目です。 佐渡島は対馬海流とリマン海流が衝突する地点で、原発の温排水が滞留しやすいことが、海水温上昇に結びついていると思われます。 

>日本海中部には、関西電力・北陸電力・東京電力・東北電力の原発がたくさんあります。 リンク
日本側に40基・韓国側に12基程度あるようです。
それらの原子力発電所では、タービンで使用された蒸気を冷却して水に戻すために、取水口から海水を取水し、復水器で熱交換した後に放水口から温排水として海に戻しています。原子力発電所から排出される膨大な廃熱で海水温は7度上昇します。
しかも
>原発周辺海域の漁業ならびに海生生物に及ぼす影響を押さえるために、温排水の温度は+7度以下と定められているようですが、実際には各電力会社のデータ偽装が発覚しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用以上)

原発の温排水については、 
> 原子力発電の熱効率は33〜35%程度であり、電気に変換されなかったエネルギーの殆どが温排水として排出される。火力発電の場合は、タービンに送られる蒸気温度が原子力発電より高いので、最新鋭の発電所では熱効率が42%にも達する(ガスタービンを利用する複合サイクルシステムでは50%近くなる)。また、廃熱の一部はボイラーから直接大気に放出されるので、原子力発電に比べて温排水の量は少ない。リンク

原子力発電は効率の悪いシステムで、膨大な廃熱を出しており、それが海へ排熱されている。原子力発電は、CO2排出が少ない地球温暖化の切り札のようなイメージがマスコミから流され、世界中で建設されようとしているが、海へ直接廃熱されることで周辺海域の温度を上昇させ環境を激変させている可能性が高い。

さらに海水温上昇は、CO2濃度を上昇させるという明確な因果関係があり、原発は海水温を上昇させることでCO2濃度も上昇させている。リンク
 
  List
  この記事は 150567 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_176026
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
299258 原発の長期間停止で海の生態系に変化〜海草が戻り、魚も戻る 島崎歩海 14/12/16 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp