生物学を切開する
175503 ウィルス=大進化が生み出した生物の断片@
 
西谷文宏 ( 31 和歌山 建築設計 ) 08/05/01 AM09 【印刷用へ
>このウィルスは、細胞を持った生物の切れ端だと思う。なぜならば、生きた細胞がないと増殖も出来ないそれが、単体で細胞を持つ生物以前に存在したということは考えにくいからである。(123455

ウィルスは、レトロポゾン又はトランスポゾンによって生じた、生物(遺伝子)の切れ端と考えてほぼ間違いないと思われる。

■「動く遺伝子」レトロポゾン、トランスポゾン
レトロポゾン(レトロトランスポゾン)とトランスポゾン、は「動く遺伝子」「転移因子」とも呼ばれ、文字通り生物のゲノム上で移動・転移することのできる塩基配列で、殆どの生物で普遍的に見られる。

レトロポゾンとトランスポゾンはいずれも動く遺伝子であることに変わりはないが、転移の仕方は大きく異なっている。
トランスポゾンは単にゲノム上での居場所を変えていくだけの単純転移で、謂わば「カット&ペースト」的転移と言える。ゲノム中を単純移動するだけなので、ゲノムサイズは変わらない。
これに対し、レトロポゾンは、自らのコピーを作って、それをゲノム上の別の場所に再挿入する。トランスポゾンが「カット&ペースト」的な転移であるのに対して、レトロポゾンは「コピー&ペースト」的な転移であると言え、レトロポゾンが転移を起こすと、数がどんどん増え、ゲノムサイズが大きくなっていく。

レトロポゾンが、自らのコピーを作り、再挿入するプロセスは、レトロポゾンのDNA配列を一端RNAにコピーし、それを逆転写酵素(RNAを鋳型にDNAを合成する酵素)によってDNA配列へと複写、こうして生じたレトロポゾンのコピーDNAを、ゲノム上の別の位置に挿入することで行われている。
 
 詳しくはこちらを参照:リンク

レトロポゾンの転移が起こると、遺伝子配列が変わるだけでなく、ゲノムサイズも大きくなる為、突然変異が引き起こされる。この為、生物の細胞内にはレトロポゾンを強固に拘束して変異を抑制するシステムが組み込まれている。(このようなシステムをRNA干渉と呼ぶ。)
しかし、生物が劇的に進化する大進化過程においては、このレトロポゾンによるゲノムサイズ拡大と突然変異が積極的に利用されていると考えられる。

生物史35億年の中での劇的な大進化は「真核生物の誕生」「多細胞生物の誕生」「脊椎動物の誕生」の計3回あったことが解っているが、これに加えて「哺乳類の誕生」から「狭鼻猿類〜霊長類」にかけて、レトロポゾンが爆発的に増大していることが判明している。

なお、トランスポゾンの転移によっても、ゲノム配列が変わる為、変異は引き起こされるが、レトロポゾンと違い、トランスポゾンによる変異は生物内で部分的に利用されている。
例えば、免疫細胞が抗体を生み出す過程では、このトランスポゾンによる遺伝子転移→変異を利用して、無限とも言われる抗体の組み合わせが行われている。
また、原核生物〜真核生物における、性(接合型)決定にも、トランスポゾンが利用されている。

Aにつづく
 
  List
  この記事は 123455 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_175503
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
180504 ウイルスに善玉、悪玉はある? 匿名希望 08/07/03 PM02
175509 ウィルス=大進化が生み出した生物の断片A 西谷文宏 08/05/01 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp