アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
174943 アメリカシンクタンクA アメリカン・エンタープライズ研究所他
 
スパイシーモス ( 33 京都 ) 08/04/24 PM05 【印刷用へ
@の続きで、各シンクタンクの説明を引き続き、韋駄天迷宮さん( リンク )より、引用させてもらいます。

●AIPAC
 『フォーチュン』誌は、AIPACのことを「アメリカで2番目に力のあるロビー団体」と書いている。
 AIPACは、1950年代に創設され、現在では“有力なアメリカの親イスラエルロビー団体”となっている。AIPACは、事実上イスラエル政府とコンスタントに交流を行っており、アメリカにスパイを潜入させるための訓練の場と、“(社交界に出る前の女性が入る)花嫁学校”のような役割を果たしている。

〈ポイント〉ロシア首相エフゲニー・プリマコフに反対の立場を取っている。イラクのサダム・フセインを倒そうとしている。イランをはじめとするイスラム諸国に制裁的措置を取り続けている。オスロ合意と、パレスチナ自治政府議長ヤセル・アラファトに反対の立場を取っている。アメリカが、イスラエルに対する軍事的・財政的援助を増やしたことを支持している。イスラエルが主導して、アメリカがテロに反対する政策を取るようにさせている。

〈重要人物〉ニール・シャー 元司法省特別調査局(OSI)局長/トム・ダイン 元常務理事/ウルフ・ブリッツァー 元AIPAC職員、現在CNNのホワイトハウス通信記者/国務次官補マーティン・インダイク 元AIPACの上層部で、WINEPの創設者。オーストラリア国家安全保障会議で務めた後、イスラエル首相イツハク・シャミルのスタッフから引き抜かれて駐イスラエルアメリカ大使になった。/デニス・ロス 駐イスラエル特使


●AEI
〈ポイント〉サダム・フセインを倒そうとしている。イラン・リビアなどのイスラム諸国に制裁的措置を取っている。中国と協定を結ぶというクリントン大統領の政策に反対している。ロシア・中国・アメリカが戦略的協力をすることに反対している。NATOの拡張と域外展開配備を推進している。アメリカが国連安全保障理事会と決裂するようにし向けている。政権内部の争いを挑発する道具として、偽物の弾道ミサイル防衛と戦域ミサイル防衛を推進している。自由貿易とグローバリゼーションを促進している。(NAIの記事を参照)

〈重要人物〉ポール・ウィルフォウィッツ 元国防次官。AEIの他にも、CSP、JINSA、CPAB、NAI、WINEP/サミュエル・P・ハンチントン 三極委員会、NAI/ジーン・カークパトリック NAI、JINSA、WINEP、CSP/アーヴィング・クリストル(NAIに、息子のウィリアムがいる)/マイケル・レディーン(JINSA参照)/ローレンス・リンゼー 急進的自由市場エコノミスト。ジョージ・W・ブッシュの顧問/ヨシュア・ムラブチック NAI、JINSA、CSP/チャールズ・マレー 『ベル・カーブ』の著者/マイケル・ノーヴァク カトリック関係者で、新自由主義経済学を擁護している/リチャード・パール(ホーリンガー社参照)英米連邦の上層部のスパイ。元国防次官補。NAI、JINSA、WINEP、CSP。上院多数党院内総務トレント・ロットの“国家安全保障顧問”として知られている/アーウィン・ステルザー NAI、トニー・ブレアの非公式の顧問。(マードック帝国を参照)/マルコム・“スティーブ”・フォーブス二世 『フォーブス』誌発行人。共和党大統領候補の候補者


●WINEP
〈ポイント〉AIPACと同じ。

〈重要人物〉ゼエブ・シフ 『ハーレツ』紙記者/エフド・ヤアリ イスラエルのテレビの報道関係者/マックス・カンペルマン(CSIS、NAI参照)/ジーン・カークパトリック(AEI参照)/マーティン・ペレツ アル・ゴアの良き助言者。『ニュー・リパブリック』発行人/リチャード・パール(AEI参照)/ユージン・ロストウ NAI/ジョージ・シュルツ NAI/ポール・ウォルフォウィッツ(AEI参照)/パトリック・クローソン 国家防衛大学


●JINSA
〈ポイント〉AEIとWINEPで示した問題のバリエーション。JINSAは、特にアメリカの軍事・防衛組織に入り込むことを課題としている。

〈重要人物〉トム・ニューマン 常務理事/マイケル・レディーン、ポール・ウォルフォウィッツ、ジーン・カークパトリック、ヨシュア・ムラブチック、リチャード・パール(AEI参照)/ステファン・ブリェン 1970年代にイスラエルのためにスパイ活動を行っているのが見つかった/ショショナ・ブリェン 通信主任/ジェームズ・ウルジー 元CIA長官 アル・ゴアに近い。猛烈にプリマコフ政府に反対している/ヨセフ・ボダンスキー 熱烈なシオニスト。自称テロのエキスパート。テロに関する共和党下院議員研究グループ特別対策チームのリーダー/ヨナ・アレクサンダー ジョージ・ワシントン大学教授 熱烈な反イスラム/ダグ・フェイス CSP/ユージン・ロストウ AEI、NAI


●CSP
フランク・ガフニーが運営している。ガフニーは、国防総省でリチャード・パールの補佐官をしていた。CSPは、X委員会のネットワークの中で、ナンバーワンの宣伝部門である。毎日、議会・ワシントンの報道機関・シンクタンクにファックスを流している。ポイントは、AEIで定義したものと同じ。

 重要人物は、すべてAEI・WINEP・AIPAC・JINSA・ヘリテージ財団と重なっている。X委員会の上層部は、クリントン大統領の政策に、議会で毎日やかましく反対し続けるために、CSPを使っている。 (『韋駄天迷宮』 リンク )

アメリカン・エンタープライズ等アメリカのシンクタンクを調べていくと、今後の日本をどのように傀儡化していくかが見えてくるのではないかと思う。
 
  List
  この記事は 174923 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_174943
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
191483 『地球は惑わす惑星』森本晶著
「『地球は惑わす惑星』著・森本晶」
関 ひさ雄 08/11/05 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp