生命原理・自然の摂理
173418 体内受精における免疫寛容システムとは?
 
h100p ( 30だい  おとこ ) 08/04/03 AM05 【印刷用へ
・異物から身を守る防衛機能として発達してきた免疫系を最近勉強し始めています。
・勉強し初めという事もあり、色々疑問は尽きないのですが、特に不思議だと思った現象について今回調べてみました。

・それは「精子と卵細胞、そして母体」7730にあるように、「免疫機能(異物を排除するのが基本)と受精(卵子に対する異物である精子の融合)という矛盾? 」の謎を解き明かす事=体内受精における免疫寛容システムとは何か?という御題であります。


○卵子にとって精子は本当に異物なのか?

・卵子に限らず、精子は男性の他の細胞にとっても異物となります。なぜならば、精子の染色体数は正常(n=46)の半分(n=23)だからです。なので、精子と血液が接触することにより、抗精子抗体産生を伴う免疫反応が始まります。

・通常、精子形成は精巣すなわち‘免疫学的バリア,の中で行われますが、一部の男性では、精子あるいは精子成分がこのバリアから漏れ出て、抗精子抗体の産生を刺激してしまう場合があります。これが男性発による不妊の原因ともなります。

・しかし、女性にとって精子抗原は性交によって初めて接触する外来抗原で免疫応答が誘導されても不思議では無いが、全ての女性に抗精子抗体は産生されないのは事実のようです(下記例外は除く)。一方、それがなぜなのかは未解明のようです。

・女性で抗精子抗体が出来るのは、女性の血液中に精子が接触してしまう際に出来てしまうことがあります。これが女性の抗精子抗体であり、女性発による不妊の原因ともなります。

→まとめると、「精子は異物であるが、一般には女性には抗精子抗体が生殖行為において産出される事は無い。しかし、なんらかの原因で男女共に血液の接触があった場合は抗精子抗体が免疫機能として産生される事がある。」


・さて、異物である精子が卵子付近まで辿り着く事が可能である事は先述より分かったが、次は融合するにはどうすれば良いのか?という所に着目したい。


○異物である精子と卵子を結ぶもの=先体反応

・詳しくは、「生物史から自然の摂理を読み解く」〜精子と卵子の認識機能:先体反応(リンク )が詳しいのですが、どうもこの先体反応によって脊椎動物(魚のホヤや哺乳類のマウス等)などは卵子の透明帯が、棘皮物(ヒトデやウニ等)は精子の先体突起がそれに該当するようです。

・また、「蛋白質分解による細胞・個体機能の制御」〜精子ユビキチン-プロテアソームシステムの機能解析(リンク )によると、
>受精過程のなかでも特に精子が卵保護層を通過する際に、精子由来の酵素が卵黄膜タンパク質(精子受容体:HrVC70)を細胞外でユビキチン(Ub)化すること、またそれを精子細胞膜結合型プロテアソームが分解することを、原索動物マボヤを用いて明らかにしてきた(文献1,2)。この現象は当初ホヤの受精に限られる現象ではないかと考えていたが、最近哺乳類においても同様の現象があることが報告され、受精に関与する細胞外Ub-プロテアソームシステム(UPS)の解明が強く望まれている。

とあり、未だ専門家でも未明領域ではあるが、どうやら卵子における膜に秘密がある事は明らかである事は分かり、なにかしらの変異(異物→同物化)が行われていると見れる。


 今回はこれまでですが、今後は「精子ユビキチン-プロテアソームシステム」というキーワードからより詳細的に調べる必要性もありそうです。
 またなぜ、全ての女性に抗精子抗体は産生されないのか?という謎もありますので継続して調べるのも面白そうです。
 
  List
  この記事は 7730 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_173418
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
173886 体内受精における免疫寛容システムとは2? 匿名希望 08/04/10 PM06
173707 母親と異なる個体である「胎児」を免疫細胞が攻撃しないのはなんで? 清水昌広 08/04/07 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp