共同体社会の実現
172750 統合機能を持たない市場が評価指標を握ることの危うさ
 
野田雄二 ( 46 大阪 営業 ) 08/03/20 PM00 【印刷用へ
>『評価指標』を考える際にも、『闘争圧力に対する適応様式=統合様式』という視点が不可欠

>次代の認識闘争・評価闘争の指標として想定される投稿資格(or評価ポイント)も明らかに能力序列の指標であり、それも含めて、全ては能力序列という統合原理に基づいている

>お金という評価指標だけが異なっているが、それはお金の母胎を成す取引or交換という方法が、闘争(能力)適応や集団(統合)適応とは異なる、共生(取引)適応(この取引関係は、闘争関係からの抜け道である)の原理に基づいたものだからである

評価指標は本来、統合原理に基づいて形成されるべきもの。

しかし、現在は多くの評価指標が統合原理とは全く違った適応原理である、共生原理に基づく市場原理によって評価されている。

市場で評価されるものに価値がある、市場の評価が最も正確だと思わされている。その結果、様々なところで大きなひずみが生み出されている。

ワーキングプアーと言われる人々は一生懸命働いても生活保護世帯以下の収入しかあげられない一方で、イチロー選手は年俸110億円、一般サラリーマンの平均年収437万円の2500倍の年俸である。

>市場がその資金源を拡大させていく方法。
> 騙し・・貴金属をはじめとする市場商品は突き詰めると、なくても困らないものである。しかし、それが希少価値etcといった美辞麗句の下では、圧倒的に価値の高いものとみなされ、幻想価値→幻想価格が形成される。人々が孕む性幻想や快美欠乏を梃子として作り出される市場商品と農産品の価格格差。それ自体が騙しであるが、この騙しこそが市場拡大の固有の原動力である。(168367)

市場による幻想評価から、人類本来の評価共認による能力序列という統合原理に基づいた評価基準に転換していく必要がある。
 
  List
  この記事は 29834 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_172750
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp