実現論を塗り重ねてゆく
171958 解脱収束先が見出せない異常な時代を突破する共認圧力と認識収束
 
彗星 ( 中年 ) 08/03/05 PM08 【印刷用へ
>社会不全は答え(=新しい認識)によってしか解消されない。つまり、社会不全を従来の解脱様式で捨象することは出来ない。
・・・中略・・・
また、「等身大の幸せ」etcの言葉=頭でいくら捨象しても、解脱充足先がない以上、不全は解消しない。(24982

本能不全や私権不全=共認不全の背後には、自然圧力・私権圧力が明確に存在していた。圧力があるということは、適応の方向が決まっていたともいえる。

しかし、現在の社会不全は、圧力不在と収束先不在の統合不全。適応の方向性や可能性すら見えない時代であるといえる。

圧力が見えないが故に、圧力を捨象する解脱様式を作りようがない。これは、解脱収束先が見出せない異常な時代であることを示している。

解脱(解消)できないゆえに、多くの人々の潜在思念に不全が蓄積し、増大してゆく。何をしても活力が出ない時代になってしまった。

外向収束は、そのような圧力を自ら作り出そうとする動きのようにも思う。圧力がなければ、自ら作り出せばいい、その圧力は、同類圧力(=共認圧力)である。その中に身をおき、圧力を活力に転換する。そして、統合不全を解消する認識をみなで作り出す。

それが、解脱収束(解消)が見出せない異常な時代への回答であると思う。
 
  List
  この記事は 24982 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_171958
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp