市場は環境を守れない、社会を統合できない
168393 なんで屋劇場『金貸し支配とその弱点』3   〜金貸しの弱点
 
山澤貴志 ( 42 鹿児島 ITコンサル ) 08/01/03 AM11 【印刷用へ
6. 金貸しの弱点
・ しかし、金兌換という現実世界の足枷を外してしまった、貨幣は信用創造という名の貸付膨張を無限に繰り返す。今や実物経済をはるかに凌ぐマネー経済が一人歩きし、実体経済に悪影響を及ぼすに至った。アメリカではこの20年間の間に金融資産残高は名目GDP比で約10倍となった。リンク その結果、常にバブルを引き起こしてははじけ、今や穀物やオイルといった生活必需品にそのマネーが向かい、生活に悪影響を及ぼし始めている。
・ しかしこうしたマネー経済が実体経済を破壊するという苦い経験を何度も繰り返してきた南米は既に『反米大陸』という状況を生み出しており、イスラム世界、ロシアを含めて世界共認は脱グローバリズム経済を志向し始めている。
・ 問題は日本。グローバリストによるマスコミ支配、政界支配を強めている。ネット上でも彼らの存在に気付いた人々でさえ、陰謀論の罠に陥り、金貸し支配に必要以上に怯えた発言が多い。しかし、所詮、彼らは『国家への寄生虫に過ぎない』し、『共認の生命は事実にこそあり、騙しが共認を支配することは不可能』である。
・ それに対して企業も国家(官僚組織)も政党も、(マスコミさえも)集団であり、各集団は固有の原理で動いている。だからこそ、郵政民営化にしろ、大連立にしろその強引なまでの世論誘導に、反マスコミの機運は強まり始めており、共認闘争が成否を分けるという状況になりつつある。
・ また金貸し同士は熾烈な私権の抜け駆け闘争を闘っており、決して一枚岩ではない。それ故に、原発推進派、軍産複合体、いずれもその問題性が暴かれ始めている。事実を見極める力がなによりも今、必要とされている。

 
  List
  この記事は 168377 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_168393
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
205578 脱グローバリズムという世界共認 パンダマン 09/05/01 AM00
205514 共認で秩序維持する「集団」が騙しで秩序破壊する「マスコミ」に「反」の意識を向けるのは必然 清水昌広 09/04/30 AM01
205513 信用創造の「信用」の基盤? 雪竹恭一 09/04/30 AM00
205055 ドル=強請(ゆすり)通貨 〜金ドルの交換停止〜 田村正道 09/04/24 AM03
205047 ニクソンショックが起こったのはなんで? 雪竹恭一 09/04/24 AM01
204894 不思議に感じること かどっち 09/04/21 PM11
177853 あったかくしよ ふき子 08/05/29 PM10
177840 信用で成り立つ市場。つぶれる市場。 柴田理紗 08/05/29 PM10
177140 『マネー経済が実体経済を破壊する』 〜アルゼンチン財政破綻の事例〜 匿名希望 08/05/22 PM02
どうして日本は金融でアメリカに勝てないのか? 「これからは共同体の時代」 08/03/09 PM03
170338  今こそ、事実の共認が最大の武器となる。 STP 08/02/04 AM09
170239 【図解】ドル崩壊は可能性への突破口になるか?模索が始まった共認形成の機運 Silentservice 08/02/02 PM11
170237 金貸しがどれだけ資本力を備えていようと社会は統合できない 西村秀彦 08/02/02 PM11
168901 日本は「失われた10年」の教訓を生かし、国家への寄生虫に過ぎない金貸しに鉄槌をくだす時が訪れた 猛獣王S 08/01/12 PM08
「なんで屋劇場『金貸し支配とその弱点、'08経済破局は来るのか』3 〜金貸しの弱点」 「日本を守るのに右も左もない」 08/01/08 AM02
168605 金貸しは、商売のために情勢をつくりだす 福島健 08/01/07 AM02
168584 金貸しなんて、恐くない!!世界を変えていけるかどうかは、集団性を強く持っている日本にかかっている。 西田美和 08/01/06 PM06
168431 なんで屋劇場『金貸し支配とその弱点』4    〜基軸通貨体制崩壊後の世界 山澤貴志 08/01/04 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp