市場の支配構造(金貸し支配)
168367 なんで屋劇場『金貸し支配とその弱点』1〜市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
 
山澤貴志 ( 42 鹿児島 ITコンサル ) 08/01/02 PM08 【印刷用へ
07年最後のなんでや劇場『金貸し支配とその弱点、'08経済破局は来るのか』から、主要論点をまとめたい

1. 市場の起源論
・ 市場の起源について、食糧等の日常品の物々交換が起源であるとする経済学は根本的に誤りである。弓矢の発明以降、原始共同体が規模を拡大し、縄張りを接する緊張状態が生まれたが、そこで発生した物流網とは貴重品を中心とする贈与関係である。その目的は集団間の緊張関係を緩和させることであり、集団内で働いていた共認原理を集団外にも適用したものである。緊張関係が前提となっている以上、集団の存否を決定するような食料それ自体を他集団にゆだねるような交換は成立しようがない。
・ しかし約5500年前の乾燥化によって、牧草地を失った遊牧集団の中から、贈与による共存共栄を破棄し、自集団第一の正当化観念から他集団への略奪を開始した部族が登場する。そしてこの略奪が玉突き的に波及し、支配被支配の関係が構築されると共に、国家への冨の集中が進む。
・ この国家に寄生し、そのおこぼれを預かろうとする商魂逞しいものたちによって、市場は生み出された。実際、シルクロードは貴族階級の宮廷サロンを彩る貴金属や絹織物etcといった高級品が行きかう商品市場であった。つまり、注目すべきは市場とは、その起源からして、生活に必要不可欠なものの上に作られたものではなく、権力と冨の集中の中から、その混乱や腐敗に乗じて生み出されたものであるという点にある。

2. 原資拡大の方法
・ 国家に対する寄生虫である市場がその資金源を拡大させていく方法は、概ね、以下の4つがある。
・ 略奪・・つまり、武力にものを言わせて、財を奪い取るという方法だが、これは市場の初期形態にとどまらず、近代市場から現代のグローバリズム資本主義までをも貫く、極めて本質的かつ普遍的な方法論のひとつである。近代市場はアメリカ大陸とアジア大陸の豊かな冨の収奪の上につくられたし、イラク戦争は、アメリカによる石油資源の収奪に他ならない。
・ 騙し・・貴金属をはじめとする市場商品は突き詰めると、なくても困らないものである。しかし、それが希少価値etcといった美辞麗句の下では、圧倒的に価値の高いものとみなされ、幻想価値→幻想価格が形成される。人々が孕む性幻想や快美欠乏を梃子として作り出される市場商品と農産品の価格格差。それ自体が騙しであるが、この騙しこそが市場拡大の固有の原動力である。
・ この他に、科学技術と勤勉性が、市場拡大のモーターとして取り上げられるが、これらは概ね、民族性とも連動するファクターでもある。日本人は科学技術と勤勉性こそが市場の原動力であると考えがちであるが(事実、日本人のとりえはとりわけ勤勉性しかないのだが)、近代市場拡大の本流は、略奪と騙しという西洋の民族性を背景としているという事実を見失ってはならないだろう。
 
  List
  この記事は 167341 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_168367
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『今こそパラダイム転換が求められる時』シリーズ-6〜現実否定の倒錯思考〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/05/30 PM05
214480 市場というカンフル剤を失った欧州貴族達は、何を拠り所にするのか? 国道12号 09/09/06 PM09
「足るを知る」。そうすれば、みんなが困る。⇒なんで? 「超大学生の追究日誌」 09/05/02 PM02
「足るを知る」。そうすれば、商売が困る 「超大学生の追究日誌」 09/05/02 PM02
204138 激安 安心価格の通販専門店|品数 品質 安心価格の激安通販 景山 由美子 09/04/11 PM08
204077 市場拡大は騙しの歴史!? 匿名希望 09/04/10 PM11
204056 農産物はなぜ安いか? 雪竹恭一 09/04/10 PM07
203886 消費マインドは「必要なものしか買わない」という意識へ転換。市場はどう変わるか? 田村正道 09/04/08 PM08
203825 市場は拡大せざるをえなかったのか かどっち 09/04/07 PM11
199102 もう騙しは通用しない 出口紗和子 09/02/06 PM02
経済破局は来るのか1 〜古代市場の誕生〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/10/14 PM10
経済破局は来るのか1 〜古代市場の誕生〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/10/13 PM03
189522 母系集団への転換がひとつの可能性 JUST-IDEA 08/10/12 AM07
188719 金貸しの変わらない騙しの体質が弱点 匿名希望 08/10/02 PM06
185926 市場は社会を統合する機能を持たない 深紫 08/09/17 PM09
176942 市場の本質と起源〜カール・ポランニー「大転換」より〜 橋口健一 08/05/20 PM01
176827 4つの資金源拡大方法 柴田理紗 08/05/18 PM10
GRAND THEORY VOL.4 『経済破局は来るのか?』 勉強会 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/05/17 PM11
176129 グランドセオリー vol.4『経済破局は来るのか?』をテキストにネットサロンで勉強 宮谷和枝 08/05/10 PM10
173767 【図解】『金貸し支配とその弱点、08経済破局は来るのか』から金融システムの成立構造 小林雅志 08/04/09 AM04
173350 科学技術の進歩が市場の拡大をもたらした? 阿部和雄 08/04/02 AM00
170524 市場の起源とは・・・ 佐藤麻衣 08/02/08 AM08
169746 お金の使い方 ぺー 08/01/26 PM10
169736 目指しているのは?? 大渕悠子 08/01/26 PM10
169735 $の次は何? さくら 08/01/26 PM10
169665 商人(金貸し)は富を追うのではなく、略奪と騙しを繰り返す ミルクマン 08/01/25 PM09
169456 日本人の勤勉性を新たなフィールドで活かす時 多田奨 08/01/22 AM00
169345 経済破局は食糧危機にどのような影響を及ぼしますか? ぺー 08/01/19 PM11
169338 心のすき間の埋め方を変えて☆ 大渕悠子 08/01/19 PM10
169337 ロシア革命について思うこと カラスがカーカー 08/01/19 PM10
169324 市場拡大、という幻想(バブル)の限界 川井孝浩 08/01/19 PM09
169322 騙し続けるのは何で? 大渕悠子 08/01/19 PM09
農産物>資源の逆価格格差こそ、科学技術による生産性上昇の正体では?    「日本を守るのに右も左もない」 08/01/06 PM06
12月30日なんでや劇場『金貸し支配とその弱点〜’08経済破局は来るのか!?』その1 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/01/05 PM11
168377 なんで屋劇場『金貸し支配とその弱点』2    〜金貸しの存在構造、不換紙幣の成立 山澤貴志 08/01/02 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp