生物の起源と歴史
167795 なぜ、女性は男性よりもの免疫力が高いのか?
 
山崎許子 ( 30 札幌 OL ) 07/12/26 AM02 【印刷用へ
 例えば昔から「女の子より男の子を育てる方が大変」と言われているように、女児より男児の方が感染に弱いです。出生直後の男女比は、女児100人に対して男児105人と多いのも、感染症による男児の死亡率が女児よりも高いためであり(数年後にはほぼ同数になる)、この事実から見ても女の免疫力が高いであろうことは推測がつきます。

 また、臓器移植をすると女性の方が早く拒絶反応を起こすとも言われています。これは、臓器という異物に対して、リンパ球のT細胞が敏感に反応するからです。同様に、微生物が体内に入ってきた時にも、女性の方がすばやく排除できます。抗体をつくる能力(リンパ球のB細胞)も女性の方が高いようです。これもまた、女性が男性よりも、免疫細胞であるT細胞・B細胞が活発に働いているためです。
 そして、これらの免疫反応の男女差については、ホルモンと関係があることも分かってきています。(女性ホルモンのエストロゲンはマクロファージという免疫細胞に作用して、その働きを活発にすること、男性ホルモンのアンドロゲンは、免疫反応を抑える作用があり、同時にT細胞を育てる胸腺という免疫臓器は思春期以降、だんだん縮小していくことが分かってきています。)

 さらに、X染色体には、免疫機能に関係するDNAがたくさんあるということが分かってきていますが、これもまたメスの方がX染色体が2つあるために、オスよりも2倍の適応可能性がある(母親由来と父親由来の両方の免疫系DNAが発現可能)ことになり、事実、前述のように女性の方が免疫力が発達しています。

 では何故、女性が男性よりもの免疫力が発達しているのか。

 オスメス分化という進化の過程で獲得した役割特性は「変異と保存」(変異と保存の分化、これがオスメス分化の原基となる。166118参照)です。これを念頭において免疫機能を眺めてみると、女性が男性よりもの免疫力が発達している理由がよく分かります。
 女性の免疫機能が低下するのは妊娠中だけで(父親由来の遺伝情報を持つ胎児を、異物とみなさないようにするため)、それ以外は、女は徹底して遺伝情報の保存(安定)に努めるよう、免疫機能も外敵からの防御に徹して作動しています。

 一方、先の事例のように男性は感染に弱いのですが、これを「感染」と見るのは、現代特有の偏見に他なりません。
 「変異」の可能性という視点で捉えれば、オスの免疫機能は、細菌・ウイルスへの抗性を高めることで進化を試みているとも言えるし、また他の生物の有用な機能を体内に共生させることで進化の可能性を探り続けているとも言えるわけです。
(「種の保存」を目的とした役割を前提に考えれば、その過程での感染→死亡も重要な機能の一つです。)

 免疫機能の性差も、変異と保存に貫かれているように思います。
 
  List
  この記事は 166118 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_167795
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
性ホルモンは、身体にどのような影響を与えているのか 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/06/19 AM06
171205 なぜオスはメスより先に死ぬのか 猛獣王S 08/02/20 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp