共同体社会の実現
167571 お金という評価指標の崩壊
 
是永恒久 ( 中年 東京 会社員 ) 07/12/22 PM03 【印刷用へ
>万人に共認された評価指標(=お金)が確立されたことによって、市場は飛躍的に拡大していった。<(30710)

物が溢れかえる現代では、市場にも陰りが見えてきたが、この市場を支えるために登場したものがある。電子マネーや仮想マネーというものだ。私達の生活においても便利なので欠かせないものも多い。どんなものがあるかを紹介します。今やほとんどの人が携帯電話を持っていると思いますが、その携帯にも電子マネー機能が付加されてきています。今やサイフを持ち歩かなくても商品が買える時代になりつつあります。

「電子マネー」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
リンク

以下引用です。

プリペイド
 おサイフケータイにも対応
  Edy(ビットワレット株式会社)
  Suica(東日本旅客鉄道株式会社)
  モノレールSuica(東京モノレール株式会社)
  りんかいSuica(東京臨海高速鉄道株式会社)
  nanaco(株式会社セブン&アイ・ホールディングス)
  Cmode(日本コカ・コーラ株式会社)
  WAON(イオン株式会社)
  Pidel(社団法人日本たばこ協会)
  ICい〜カード(伊予鉄道株式会社)※DoCoMo端末のみ

 カード型のみ
  ICOCA(西日本旅客鉄道株式会社)
  TOICA(東海旅客鉄道株式会社)
  PASMO(株式会社パスモ)
  IruCa(高松琴平電気鉄道株式会社)

ポストペイ
 おサイフケータイにも対応
  iD(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
  QUICPay(株式会社ジェーシービー)
  Smartplus(三菱UFJニコス株式会社)
  VISA TOUCH(ビザ・インターナショナル)
  eLIO(ソニーファイナンス・インターナショナル)

 カード型のみ
  PiTaPa(スルッとKANSAI協議会)
  PayPass(マスターカード)

仮想マネー

  WebMoney(株式会社ウェブマネー)
  Digi-Coin(三菱UFJニコス株式会社)
  NET CASH(NTTカードソリューション)カードタイプも存在
  電子マネーちょコム(NTTコミュニケーションズ)
  オフラインデビット(J-Debit)
  BitCash(ビットキャッシュ株式会社)
  @Passport(株式会社アールマネー)
  GAMECHECK(株式会社デジタルチェック)
  C-CHECK(株式会社デジタルチェック)

 注…()内は電子マネーサービスの提供会社

以上引用終わり。

日常において、お金を使うときに「これは必要かそうでないか?高いか安いか?」と考えるものです。その最低限の感覚さえもなくしていくのがクレジットカードやネット決済であったが、それをもっと加速させているのがこれらの電子マネーや仮想マネーと言われるものではないだろうか?

市場拡大の行き詰まりから、非日常のものであった物から日常の必需品へと対象を拡大させることによって、市場を拡大(=延命)させるために登場したのは間違いないでしょう。

これらの拡大によって、ますますお金の実態が無くなり、個人破産等の急増へと社会も悪化していくことが考えられますが、それ以上に恐ろしいのが、万人が認めている【お金】という評価指標そのものの崩壊ではないでしょうか?
 
  List
  この記事は 30710 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_167571
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
167582 道具と目的 佐藤英幸 07/12/22 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp