共認運動をどう実現してゆくか?
167458 統合サイトの基盤はここにある。
 
疾風怒濤 ( 28゜22’25”N ) 07/12/20 PM09 【印刷用へ
>サイト同士を統合できないのは、集団間を統合するという発想がサイト運営者たちにないからではないか。例えば、ネット世界ではNW論が蔓延っているが、無数のサイトが単に繋がることで何事かが実現されるというのは幻想でしかない。だからいつまで経ってもネット世界の集団は統合されず、共生(取引)適応原理に留まり、自己中サイト2chによって蹂躙・支配されている。

今、ネット世界を正常化するために必要なものは、サイトという集団を統合するという認識なのではないだろうか。
130557

ブロガー達は、ブログ間の連携を図ろうと、トラックバックピープルやお奨めリンク集、定期的にブログを紹介等してきているが、統合というにはまだまだ不十分。

そこで、ネットの入口ブログや、専門ブログ、紹介ブログと棲み分けしながら統合サイトに結び付けられないかと模索しているブロガーも現れた。

「気づくこと 全てはそこから始まる」らんきーブログリンクより

入り口的なブログ、やや詳しい情報を網羅しているブログ、そして専門的なブログの連鎖。
それが今はうまく機能していない。入り口的なブログにも専門的な思想を要求されたり。
あるいは専門的なブログの絶対数も少ない。 そして致命的なのがその連帯、連鎖が少ないという事。私は何の専門家でもないので、出来る事は「入り口的」なところで何かをするだけが関の山だ。 所詮一人で出来る事には限界があるわけだ。現に私も今後は毎日ブログを書くなんて出来ないだろう。 その入り口で「気づき」を人に与える事なら少しは出来そうだ。
人々の多くは気づけば自分で勝手に興味を持ち調べると思う。またそう思いたい。
説教したり、批判したりするより「何気なく、人に何かを気づかせる」 これがいいと思う。

気づいたら人は勝手に変わります。 それも自分から行動するようになる。
気づきのブログがもっと増えて、専門的なブログももっと増えてゆく。
そして大事な事は連鎖する事です。 繋がってナンボです。人と人は。
それはリアルでもネットでも同じ事です。 それが集団欲という人間の本能です。
繋がるためにはどうしたらいいか? 
そんな事を考えていく事もこれからのブログでは大事なんじゃないかなぁと思います。
リンク

これに対して「4つの目」ブログリンクの方がコメントをしている。

ぶいっちゃんも言われてるように、「大事な事は連鎖する事・・」
今、ネットブログで一番必要なことかもしれないですね。
みんながそれぞれ、自分の得意分野、知ってる分野について書いたり、あるいはマスゴミ報道に添ってそれに対する自分の考えを述べるだけの人・・・
いろいろですが、それだけで終わってるように思います。
なにかいい方法があったらいいんですが・・・
リンク

まずはそれぞれの分野を活かして連携していくこと。そして最終的には全てを繋ぐ統合サイトが必要になってくる。

ならば、るいネットの豊富な各掲示板にて事実を追求、蓄積しつつ、大きな支配構造、社会構造を明確化していき、入口ブログ、専門ブログ等と連携しながら統合していくという形が実現の可能性ではないか。

るいネットには、人類の原基構造から社会構造までを解き明かした、たたき台が既にある。
これを元に新たな事実群を塗り重ねていき、より確かな構造を積み重ねていくことがネットの統合への近道だと思う。
 
  List
  この記事は 130557 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 ブログ5 ブログ6 ブログ7 ブログ8 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_167458
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
米陸軍司令部が日本に移転。日米軍の一体化を止めよう!+韓国でも政権交代+岡田Japan 「日本がアブナイ!」 07/12/22 AM11
気づくこと 全てはそこから始まる 「らんきーブログ」 07/12/22 AM09
167536 るいネットにハマるのは…? Silentservice 07/12/22 AM00
多くの政治ブログで気が付いたこと 「4つの目で世の中を考える」 07/12/20 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp