共同体社会の実現
166924 飢餓問題、何が本質なのか?
 
Silentservice ( 38 東京 会社員 ) 07/12/12 AM10 【印刷用へ
かねてから、深刻化する環境破壊と、それに伴う飢餓人口の
増加に対する取り組みに違和感があった。

昨日、サロンで国家と市場(餅とカビ)の関係を勉強させていただいた
中で、その違和感の正体が鮮明になったように思う。

何が引っ掛かっていたのだろう…?
そうだ、『資金援助』、だ!!
普通に考えて、「飢えている人間に紙キレ(お札)を渡してどうする?」
と疑問に思うのだが、巷に溢れるキャンペーンや宣伝、また政府をはじ
めとする援助に関する対応をうたったものは、大抵が資金援助である。

これでは答えにはならない!そこで、何が本質なのか考えて
サーチしてみたところ、飢餓問題の本質に迫るサイトを発見した。

(★参考『FOOD FIRST〜世界飢餓にまつわる12の神話』よりリンク

市場が国家に寄生する…その結果もたらされたのが環境破壊
(これは戦争による国土の破壊も含む)であり、住処と食料
自給・生産の術を無くした人々が飢餓に追い込まれる結果を招く。

そこに、市場を更に拡大させる手段としての効用しか持ち合わせて
いないカネを投入したところで、飢餓が発生する本質的な問題解決
には到底ならないだろう。

『何をするにもお金がかかる』…この歪んだ価値観の刷り込みが、
資金援助を正当化させ、搾取と騙しで成立する市場拡大の温床に
なっていることは十分考えられると思う。

現在、餓死していく人々に本当に必要なのは、食料でもカネでもない。
彼らに本当に必要な援助とは、市場発生のメカニズムと構造を伝えること
なのではないだろうか?
 
  List
  この記事は 30710 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_166924
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp