実現論を塗り重ねてゆく
166743 二項対立的な思考からの脱皮
 
是永恒久 ( 中年 東京 会社員 ) 07/12/09 AM00 【印刷用へ
>歴史を考える上で大切なのは従来の2項対立的な思考を超越しうる「思考のゆとり」である。<(22242)

二項対立的な思考が、現代に氾濫しているように感じる。特にマスコミの論調に顕著に現れているように感じる。底が浅く最も簡単で分かりやすい言葉だからである。

【人間と自然】【自分と他人】【真と偽】
【必要と不要】【戦争と平和】【○と×】
【賛成と反対】【客観と主観】【公と私】

これらの言葉群によって、日常において物事を捉えるときでも、無意識に二項対立的に判断していることが多いと改めて感じる。(思考とは程遠く、非常に短絡的)

この思考方法、現実を二項的に捉えることで、ちゃんと多角的に現実を見ているというような錯覚を起こします。物事はそんな簡単にプラス面とかマイナス面とかを判断できるわけではなく、どちらも共存していることが多いのが現実だと思います。それを無理やり二項対立的に判断すると、中身は実にうくっぺらな現実否定の為の倒錯思考であることが見えてきます。(この思考の代表例が朝まで生テレビ等の討論番組でしょう)

重要なことは、現実を二項対立で捉えることではなく、現実直視することです。そしてその現実直視して見えた事実がどうなっているかという思索です。
 
この思考によって、今まで停止していた思考が動き出すことによってはじめて、「思考のゆとり」が生まれるんだと思います。
 
  List
  この記事は 22203 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_166743
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp