実現論を塗り重ねてゆく
166743 二項対立的な思考からの脱皮
 
是永恒久 ( 中年 東京 会社員 ) 07/12/09 AM00 【印刷用へ
>歴史を考える上で大切なのは従来の2項対立的な思考を超越しうる「思考のゆとり」である。<(22242)

二項対立的な思考が、現代に氾濫しているように感じる。特にマスコミの論調に顕著に現れているように感じる。底が浅く最も簡単で分かりやすい言葉だからである。

【人間と自然】【自分と他人】【真と偽】
【必要と不要】【戦争と平和】【○と×】
【賛成と反対】【客観と主観】【公と私】

これらの言葉群によって、日常において物事を捉えるときでも、無意識に二項対立的に判断していることが多いと改めて感じる。(思考とは程遠く、非常に短絡的)

この思考方法、現実を二項的に捉えることで、ちゃんと多角的に現実を見ているというような錯覚を起こします。物事はそんな簡単にプラス面とかマイナス面とかを判断できるわけではなく、どちらも共存していることが多いのが現実だと思います。それを無理やり二項対立的に判断すると、中身は実にうくっぺらな現実否定の為の倒錯思考であることが見えてきます。(この思考の代表例が朝まで生テレビ等の討論番組でしょう)

重要なことは、現実を二項対立で捉えることではなく、現実直視することです。そしてその現実直視して見えた事実がどうなっているかという思索です。
 
この思考によって、今まで停止していた思考が動き出すことによってはじめて、「思考のゆとり」が生まれるんだと思います。
 
  List
  この記事は 22203 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_166743
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp