経済破局は来るのか?
166618 国の借金の犠牲になる医療(政府発のプロパガンダの虚構)
 
遊撃手 ( 44 ) 07/12/07 AM00 【印刷用へ
政府の目先の財政改革策に対抗するには、
>政府によるプロパガンダを見抜き、その虚構性を指摘しない限り、やはり、突破口は見えてこない<
と喝破されている「或る浪人の手記」リンクの記事を抜粋して紹介したい。(医療関連の記事に、国の借金などの視点を織りまぜた記事です)

------以下引用(概要)------

◆医療を巡る現状と方針
・全国の約1,000病院のうち、その3分の2以上が赤字経営(日本自治体労働組合総連合調べ)
・政府・総務省は、自治体病院など公立病院の経営構造改革≠フため「経営効率化」「(病院の)再編・ネットワーク化」「経営形態の見直し」を推進中。
・一つの医療圏で中核病院に医師を集約化する一方、周辺では医療機能を縮小して後方支援&a院・診療所にするという狙い。
・経営形態の見直しでは、現在の病院を地方独立法人化したり、運営主体を民間の法人に移す民営化などを計画中。

◆日本の財政が危機という大嘘 (経済コラムマガジンより引用)
・日本政府は莫大な資産を持っている。(金融資産だけで484兆円)
・マスコミは「国民一人当たり何百万円の借金」と政府の債務の方だけを過大に報じている。これには緊縮財政ムードを高めるための意図的な策略が感じられる。
・金融資産に加えて、政府が所有する土地・株式などの実物資産は、簿価に加え巨額な含み益がある。=日本政府の全部の資産は莫大。

97年の日本の純債務の名目GDP比率はわずか27.8%であった。ちなみに97年当時、米国50.5%、ドイツ45.9%、英国44.2%であり、日本の27.8%は突出して健全な数字であった。つまり日本にとって財政再建なんて全く必要なかったのである。ところが日本国民は日本の財政が悪いという大嘘話にずっと洗脳されてきたのである。

→財政破綻を理由に、医療改革が計画中だが、そもそも前提としている財政破綻は医療とは関係がなく、従米路線の国策の失敗である。
さらには、財政破綻そのものが大嘘である。

◆筆者の浪人さんの指摘
大手マスゴミは何処も言及していない事ですが、これは歴とした事実であり、日本の借金が大きい事自体は本当であるものの、「財政破綻寸前」などというのは大嘘もいいところな訳です。この嘘と欺瞞を暴く事こそ、医療再生へと繋がる道であり、日本再生へと繋がる最大の肝であると言えるでしょう。 「国が破綻すれば医療も福祉もクソも無い」という言説などに惑わされてはならない。

------引用(概要)以上------

紹介した記事は、国の借金が膨れあがった経緯なども記されていて面白い。
マスコミによって隠蔽、洗脳されている事実を発掘し、構造化する必要がますます高まってきている。
 
  List
  この記事は 3035 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_166618
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
なぜマスゴミは純債権国である日本を「借金漬け、最悪、深刻!」と騒ぐのか 「スロウ忍ブログ」 10/01/22 PM10
日本はなぜ負債大国になったか 「晴耕雨読」 07/12/08 AM11
「亡国」とは... 「晴耕雨読」 07/12/08 AM11
“首吊り人”の足を引っ張る[構造改革] 「晴耕雨読」 07/12/08 AM11
医療再生の為には財政破綻というプロパガンダの打破が必要 「或る浪人の手記」 07/12/07 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp