生物学を切開する
166570 ■外圧情報はどのようにして遺伝するのか?1〜HY抗原と臓器移植時の拒絶反応〜
 
近藤文人 ( 43 東京 建築士 ) 07/12/06 AM05 【印刷用へ
>オスのみに存在する抗原タンパク質(HY抗原)の存在(166118

■HY抗原【エイチワイこうげん】(Histocompatibility Y antigen)(リンク
Y染色体のSRY遺伝子(sex determing region Y)上に存在する遺伝子により作られるタンパク質で、生殖腺原基を精巣として分化させる作用を持つ。男性から女性に臓器を移植する際には女性には存在しないこの抗原の存在により拒絶反応が起る場合がある。

■HLA【エイチエルエー】(リンク)(リンク
HLAとは、Human Leukocyte Antigen(ヒト白血球型)の頭文字をとったもので、1954年に発見された。
現在では白血球だけの血液型ではなく、赤血球以外の体中の細胞に存在する「型」であることがわかっている。
体の免疫反応の主役を果たしているため、骨髄や臓器の移植の成否に大きく影響する。

組織の細胞表面には同種でも固体ごとに異なった抗原が存在し、他の固体の細胞を移植するとその抗原に対する免疫反応が生じて拒絶反応が起きる。このような抗原を組織適合抗原と言う。その中で特に重要なものは染色体上の一部に存在する遺伝子群により発現するものを主要組織適合抗原系(major histocompatibility complex)MHC という。それをヒトの場合、HLA(human leukocyto antigen)という。また、ABO型抗原もMHCの一つである。その他にも副組織適合抗原というものが存在し、MHCほど早くないがMHCがあっても拒絶が起こる場合がある。例として、Y染色体上に存在するH-Y 抗原(男性の臓器を女性に移植した場合に起こる拒絶反応に関与)がある。
------引用終り

細胞膜表面には、多くの抗原があるようです。その中でも、移植時に問題の起こる抗原を組織適合抗原といい、その中でも染色体上の一部に存在する遺伝子群により発現する抗原をMHCという。人の場合、それをHLAといい、それ以外にHY抗原があるらしい。

このような拒絶反応を起こす抗原が細胞膜の表面にあり(男女共通)、そもそも抗原とは外来由来の毒であり、その中でも、HY抗原を発するSRY遺伝子(159807 159510 108462)がY染色体上にしかないということは、何らかの外来情報【外圧】をオスに特有に伝えることを示しているという仮説を立てることができる。

HY抗原とは、毒であり、女性にないので、移植時に拒絶反応を起こす。このHY抗原はオスに性分化するときに、SRY遺伝子から放出されるもので、なぜ、毒である抗原たんぱく質を放出するのか?調査が必要である。

特に外来の抗原情報をどのようにして精巣から精母細胞、精細胞、精子へと受け継がれるか?は血液と免疫機能が鍵を握っているように思われる。

体内に抗原が進入した場合、抗原抗体反応より抗体を生成して抗原を排除する後天性免疫があるが、血液中で、そのような作用が起こることからも、血中の抗体や抗原から何らかの情報を精母細胞が受け継いで、SRY遺伝子に代表される性決定遺伝子に転写するのだろうと思われます。

このメカニズムは、調査が必要で、仮説でありますが、このHY抗原タンパク質になんらかの情報が乗っかっているか、精子の中心体がそのような作用を誘発する役目を担うものと推測されます。

中心体やそのメカニズムをもう少し調べる必要がありですね。
 
  List
  この記事は 166118 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_166570
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
226260 精巣上体が精子への情報伝達経路か 喜田育樹 10/02/11 AM01
208104 H-Y抗原の一次性決定への関与(仮説) 松下晃典 09/06/04 AM05
182366 変異転写に関する大胆仮説 雪竹恭一 08/07/30 AM09
2月10日 なんでや劇場レポート?「オスとメスはどうやって決まるの?」 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/02/18 AM00
167256 ■外圧情報はどのようにして遺伝するのか?2〜抗精子抗体ASA〜 近藤文人 07/12/17 AM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp