生物の起源と歴史
16632 免疫系と神経系の関係、その1
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/11/20 PM00 【印刷用へ
蘆原さん、石野さん、村田さん皆さん、こんにちは。脳の話で盛り上がってきましたね。神経系の進化という適応戦略(機能)の本質を明らかにするのは、とても面白いですが大変ですね。脳のことがまだまだ分かってない部分が多いですから…。でも、ほんのちょっとこの会議室から離れていた間に、本当に参考になるデータや疑問点の発掘など、かなり挙げられてきましたね。

ロムさせていただきながら、まず妙に引っかかったのが免疫系と神経系の関係。石野さんが紹介された利根川進も最近では脳の方の研究にシフトしているようですが、この免疫系と神経系はいったいどんな関係があるのか。どのような戦略上(機能上)の共通点と相違点を持っているのか、そんな疑問です。対比することで、脳の本質が鮮明になってくるのではないかと思います。この問題意識を持って、考えていこうと思っています。先ずは、思いつくままに。

>人間の手の組織(水掻きがアポトーシスでなくなっていく)や、骨髄で大量につくられた免疫細胞が、胸腺で選別されごく一部だけが血中に出ていく、といったような事例を思い出しました。<(16613、蘆原さん)

先ず、免疫系も神経系も、情報伝達系としては、サイトカインや神経伝達物質などのホルモン様物質を使っていて極めて近似しています。ただし、神経系はニューロン内は電気的信号を使っています。また、非常に似た構造(鍵と鍵穴)をミクロな部分(神経系ならシナプス)で持っています。さらに、免疫系も神経系も遺伝子によって全てが決定されているわけではありません。つまり、個体レベルで遺伝しない部分を多く持ち、個体発生から成長するにつれ、免疫系も神経系も発達していきますし、それゆえに個体変異は大きくなっていきます。

それに対して大きな違いとして、免疫系には脳のような中枢部分がないという点が先ず上げられるのではないかと思います。 胸腺は蘆原さんのおっしゃるように教育機関だと思いますし、免疫系の維持に重要な働きをもっていることは事実でしょう。が、免疫の記憶や統合を行っているわけではありません。(もっとも、胸腺の重要性は最近見直されてきて、またこれも研究途上ということらしいですが)。

中枢部分というと神経系では脳ということでしょうから、神経系は統合機能を獲得したが、免疫系は統合機能を持たないということでしょうか。

また、働きはどうでしょうか。外圧適応態という視点で捕らえると、免疫系は外部環境からの防衛に大きな役割を持ち、神経系は外部環境への適応(働きかけ)に大きな役割があるように思います。(神経系の内部の統合は、おそらくそのためにあるのではないでしょうか)
 
  List
  この記事は 16613 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_16632
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
82125 免疫系の老化 津久田博之 04/12/05 PM06
82039 生体の免疫機能のしくみ 近藤文人 04/12/03 PM09
16644 免疫系と神経系の関係、その2 吉国幹雄 01/11/20 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp