日本人と縄文体質
166173 外国人から見た日本と日本人(1/2 日常編)
 
丸一浩 HP ( 不惑 滋賀 農業 ) 07/11/30 AM03 【印刷用へ
■「外国人から見た日本と日本人」と言う記事を紹介します。
 ぼやきくっくり リンク
  外国人から見た日本と日本人(1) リンク
  外国人から見た日本と日本人(2)リンク
  外国人から見た日本と日本人(3)リンク
●この記事で紹介されている外国人の文章を見ると、現代に生きる我々日本人がついつい忘れている、しかし、絶対に潜在思念に刻み込まれている縄文的「感覚」や「想い」が浮かんでくるように感じる。
 私権原理から共認原理へ大きく時代が動いている今、この縄文体質の再生つまり「自分からみんなへ」⇒「共同体の再生」「共認統合の社会の実現」が人類的期待であるのだと思う。
  参考→日本人と縄文体質リンク

●上記ブログから(日常編)としていくつかの記事を引用します。
〜以下引用〜
■タウンゼント・ハリス=初代米国総領事。1856年(安政3年)来日。
「日本滞在記」より
 彼ら(日本人)は皆よく肥え、身なりもよく、幸福そうである。一見したところ、富者も貧者もない−これが恐らく人民の本当の幸福というものだろう。私は時として、日本を開国して外国の影響を受けさせることが、果たしてこの人々の普遍的な幸福を増進する所以であるか、どうか、疑わしくなる。私は、質素と正直の黄金時代を、いずれの他の国におけるよりも、より多く日本において見出す。

■イザベラ・バード=イギリス人。当時の女性としては珍しい旅行家で、1878年(明治11年)以降、日本各地を旅した。
「日本奥地紀行」より
 ヨーロッパの多くの国々や、わがイギリスでも地方によっては、外国の服装をした女性の一人旅は、実際の危害を受けるまではゆかなくとも、無礼や侮辱の仕打ちにあったり、お金をゆすりとられるのであるが、ここでは私は、一度も失礼な目にあったこともなければ、真に過当な料金をとられた例もない。
 群集にとり囲まれても、失礼なことをされることはない。馬子は、私が雨に濡れたり、びっくり驚くことのないように絶えず気をつかい、革帯や結んでいない品物が旅の終わるまで無事であるように、細心の注意を払う。
(中略)私は日本の子どもたちがとても好きだ。私は今まで赤ん坊の泣くのを聞いたことがなく、子どもがうるさかったり、言うことをきかなかったりするのを見たことがない。日本では孝行が何ものにも優先する美徳である。何も文句を言わずに従うことが何世紀にもわたる習慣となっている。英国の母親たちが、子どもを脅したり、手練手管を使って騙したりし、いやいやながら服従させるような光景は、日本には見られない。
 私は、子どもたちが自分たちだけで面白く遊べるように、うまく仕込まれているのに感心する。家庭教育の一つは、いろいろな遊戯の規則を覚えることである。規則は絶対であり、疑問が出たときには、口論して遊戯を中止するのではなく、年長の子の命令で問題を解決する。子どもたちは自分たちだけで遊び、いつも大人の手を借りるようなことはない。

■エドウィン・アーノルド=イギリス人。詩人。1889年(明治22年)11月来日。インドのデカン大学の学長を務め、帰英後はデーリーテレグラフ紙の編集者。
「ヤポニカ(Japonica)」(1891年)より(※2)
 日本には、礼節によって生活をたのしいものにするという、普遍的な社会契約が存在する。誰もが多かれ少なかれ育ちがよいし、「やかましい」人、すなわち騒々しく無作法だったり、しきりに何か要求するような人物は、男でも女でもきらわれる。すぐかっとなる人、いつもせかせかしている人、ドアをばんと叩きつけたり、罵言を吐いたり、ふんぞり返って歩く人は、最も下層の車夫でさえ、母親の背中でからだをぐらぐらさせていた赤ん坊の頃から古風な礼儀を教わり身につけているこの国では、居場所を見つけることができないのである。
(中略)この国以外世界のどこに、気持よく過すためのこんな共同謀議、人生のつらいことどもを環境の許すかぎり、受け入れやすく品のよいものたらしめようとするこんなにも広汎な合意、洗練された振舞いを万人に定着させ受け入れさせるこんなにもみごとな訓令、言葉と行いの粗野な衝動のかくのごとき普遍的な抑制、毎日の生活のこんな絵のような美しさ、生活を飾るものとしての自然へのかくも生き生きとした愛、美しい工芸品へのこのような心からのよろこび、楽しいことを楽しむ上でのかくのごとき率直さ、子どもへのこんなやさしさ、両親と老人に対するこのような尊重、洗練された趣味と習慣のかくのごとき普及、異邦人に対するかくも丁寧な態度、自分も楽しみひとも楽しませようとする上でのこのような熱心――この国以外のどこにこのようなものが存在するというのか。
(中略)生きていることをあらゆる者にとってできるかぎり快いものたらしめようとする社会的合意、社会全体にゆきわたる暗黙の合意は、心に悲嘆を抱いているのをけっして見せまいとする習慣、とりわけ自分の悲しみによって人を悲しませることをすまいとする習慣をも含意している。
〜続く〜
 
  List
  この記事は 163598 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_166173
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
309496 中国人の涙を誘った日本人女性の笑顔 原てふ子 15/11/18 PM05
216640 歴史を学ぶ意味 衛藤信義 09/10/07 AM01
216356 長い身分序列社会を経ても失われなかった日本人の本源性に驚く 庄恵三 09/10/03 PM03
216293 日本人の共同性は、忘れられた人類の本性を想起させる 澤根和治 09/10/02 PM07
213103 偉人たちの日本に対する諫言 是永恒久 09/08/18 AM08
183401 日本人の気質は、いつ頃、どのように出来たのだろう? 宮谷和枝 08/08/16 AM11
183287 日本人の心とは「和(わ)」。 和 = 共認 向芳孝 08/08/14 AM11
183278 日本人の肯定性とは何が作り出したのか? 是永恒久 08/08/14 AM07
183272 日本人の共認原理 加賀見香苗 08/08/14 AM02
183247 企業を共同体化することが、現在のガタガタ問題の解決へ繋がる 村上祥典 08/08/13 PM07
183242 縄文体質は世界の人々を巻き込んでいく 野田雄二 08/08/13 PM06
183174 日本人の潜在意識は共認原理? ノン 08/08/12 PM07
日本人論の起源:宣教師達は日本をどう見たのか? 「これからは探求の時代」 08/02/28 AM11
どうなる日本?A〜日本人は権威に盲従する無表情なロボット〜 「これからは探求の時代」 08/01/28 PM10
168634 「和」と「思いやり」と「助け合い」の日本的精神の復活を! 猛獣王S 08/01/07 PM09
168619 欧米:「美しい言葉」を語りつつ、・・・・人を欺き、騙す。 井上宏 08/01/07 PM03
168569 日本人を知らない日本人 匿名希望 08/01/06 PM02
168342 失われていない日本 井上光利 08/01/02 PM00
168184 外国人から見た日本と日本人(『日本国に告ぐ』⇒日本と日本人への期待) 丸一浩 07/12/30 PM07
167673 Re:外国人から見た日本と日本人(仕事編) 芝田琢也 07/12/23 PM11
166834 規範は成功体験の積み重ね HAYABUSA 07/12/10 PM07
166819 種としての「共同性」を考える 安藤太地 07/12/10 PM02
166728 日本人らしさ みっき 07/12/08 PM10
166727 日本の今と昔 中山寛太 07/12/08 PM10
166723 初めてるいネットサロンに参加してみて 河野宰 07/12/08 PM10
166715 いつでも人を気にかける気持ち 西麻美 07/12/08 PM09
166332 性向を規定する背景を考える 橋本正雄 07/12/02 PM00
166309 「いつもいてくれてありがとう」という根本規範は少なくともアジアでは共認されている! 佐藤英幸 07/12/02 AM01
166174 外国人から見た日本と日本人(2/2 戦争編) 丸一浩 07/11/30 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp