生命原理・自然の摂理
166118 オスメス分化の塗り重ね構造
 
岩井裕介 ( 36 山口 再開発プランナー ) 07/11/29 PM01 【印刷用へ
11/23なんでや劇場「生物史から学ぶ自然の摂理D オスとメスに分化したのは、何で?」で議論された内容と気づき。

多細胞動物の生殖系の進化のステップは、3段階。

 T 保存と仕事の分化(殖・産分化)
 U 精卵分化
 V 雌雄躯体分化


T 保存と仕事の分化(殖・産分化)
・真核倍数体生物は、保存(減数分裂システム:生殖細胞)と仕事(単純分裂システム:体細胞)へと機能を分化。これが多細胞化の起点。
・種の保存上、最も負担の大きい生殖を専門に分離することによって、体細胞系列を高度に機能分化させていくことも可能となった。
・特に動物の場合・・・動物は動いて栄養を摂るしかない⇒摂取機能の高度化⇒種間圧力上昇⇒摂取機能の高度化⇒種間圧力上昇・・・という循環的な外圧上昇構造にあり、これが、保存と仕事の分化の軸線上で、多細胞動物の進化を促進してゆくことになる。


U 精卵分化
・精子と卵子に配偶子が分かれたのは、運動と栄養の役割分担により、受精過程(出会い)と発生過程(エネルギーを要する)の両方に適応的な形態への分化。
(※精子と卵子に配偶子が分化したのはなんで?リンク

・さらに、受精卵の中心体が精子由来であること、その中心体は変異活性度が高いこと、またオスのみに存在する抗原タンパク質(HY抗原)の存在等を考え合わせると、精子が外圧変化に対応した何らかの変異情報を媒介している可能性が高い。(なお、中心体が独自の遺伝情報を持っているか否かは不明であるが、近年の研究ではその可能性が示唆されている)
・このように考えると、精卵分化の本質は、精子:変異配偶子と卵子:保存配偶子への分化であることが見えてくる。変異と保存の分化、これがオスメス分化の原基となる。
・これは、変異+不変の組み合わせによる、生物的に安定な生殖システムとも言える。
(※生物史から学ぶ『安定』と『硬直』の違い161317


V 雌雄躯体分化
・動物の場合、精卵分化から、雌雄の躯体が固定的に分かれるようになるまで、かなり長い歴史がある。脊椎動物の系統でも魚類の段階まで、雌雄同体と雌雄異体が併存。
(※脊椎動物以前の生物はオス・メス固定度が低い164195

・雌雄の躯体が分化していく背景には、摂取機能の高度化⇒種間圧力上昇・・・という循環的な外圧上昇構造が前提にある。
・体細胞系列の高度化の要請と同時に、各々の配偶子、生殖巣、生殖器etcを緻密につくりあげるためには、精子をつくる躯体(オス)と卵子をつくる躯体(メス)を分化させたほうが合理的。
・また、動物ゆえの種間圧力⇒摂取能力高度化・・・に対応するため、幼体保護と防衛力上昇の要請が加わる。これは必然的に(保存性に特化した卵子を持つ)メスの生殖負担の増大、そして、それとバランスするようにオスの闘争負担が増大させる方向へつながる。これは脊椎動物の進化史とも符合する。
・これらにより、動物の雌雄の躯体は分化していったと考えられる。

★オスとは何か? メスとは何か?
・変異性の上に、闘争能力(役割)が塗り重ねられた存在=オス
・保存性の上に、生殖能力(役割)が塗り重ねられた存在=メス

生物数十億年の歴史のなかで、外圧に適応していくために、役割分担と調和が塗り重ねられてきた、それがオスとメスの分化。オスという役割(存在)、メスという役割(存在)があわさってはじめて、外圧に適応的たり得たし、種をつなぐこともできたのである。
 
  List
  この記事は 158452 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_166118
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
338196 男性と女性の違いによる仕事の効率化 時は金なり 18/08/16 AM00
316462 女性のオス化、男性のメス化は役割欠損から来ている? 匿名希望 16/06/18 AM01
253832 群れの全てのメスが首雄に集中するのは本能。 匿名希望 11/07/02 AM02
【男の居場所は何処にある?】〜生物に学ぶ雌雄の役割分化〜 「感謝の心を育むには」 11/02/20 AM02
234506 全ての存在は外圧適応体であるという事実☆ hey 10/07/10 PM11
233888 陸上生物において雌雄分化の固定度が高まったのは何故か? 川井孝浩 10/06/29 AM00
233736 【図解】オスメス分化の塗り重ね構造 安藤太地 10/06/26 AM00
232432 役割を分化したきっかけは… みよ 10/05/29 PM10
232424 生物史って楽しい♪ 内田ちひろ 10/05/29 PM10
231375 可能性に向かって、より女になろう。って想いました♪ かんちゃん 10/05/08 PM10
オスとメスの違いって何(7)〜これまでの中間まとめ2〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/02/18 PM00
オスとメスの違いって何(6)〜これまでの中間まとめ1〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/02/17 PM10
オスとメスの違いって何?(4)〜なぜ哺乳類・鳥類は性染色体でオス・メスが決まるの? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/02/06 AM00
オスとメスの違いって何?(3)〜性染色体で性決定するのはなんで?〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/01/30 AM09
222132 【図解】実現論.前史 (ロ)雌雄の役割分化 川井孝浩 09/12/17 PM10
生命のオスメス分化に学ぶ-1- 性の起源と意味 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/06/16 PM04
中心体から生命の基幹システムを探る(仮説)  「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/09/04 AM02
180890 性ホルモンと雌雄分化の関係(仮説) 田野健 08/07/09 PM10
躯体のオスメスってどうやって決まる?〜第87回なんでや劇場より〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/02/13 AM03
170381 「変異」とはランダムに起こるものではなく、実は非常に精巧なシステムなのだ。 三輪歩未 08/02/04 PM11
オス・メスってどうやって決まるの?? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/01/19 AM03
原核生物にみる性の原点〜マーギュリス「性とはなにか?」から 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/01/09 AM01
男(オス)と女(メス)があるのはなんでだろう?? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/12/31 PM03
167795 なぜ、女性は男性よりもの免疫力が高いのか? 山崎許子 07/12/26 AM02
1000万年後、ヒトはY染色体を失ってしまう!? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/12/14 AM01
精子と卵子の認識機能:先体反応 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/12/11 PM10
166570 ■外圧情報はどのようにして遺伝するのか?1〜HY抗原と臓器移植時の拒絶反応〜 近藤文人 07/12/06 AM05
多細胞生物に学ぶ、いい女いい男。 「路上で世直し なんで屋【関西】」 07/12/01 PM08
生物がオスとメスに分かれたのは、なんで? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/11/30 AM00
11月23日なんでや劇場レポート? 「オス・メスに躯体分化したのはなんで?」 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/11/29 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp