市場の支配構造
165715 中国のイメージ戦略=報道規制
 
遊撃手 ( 44 ) 07/11/22 PM09 【印刷用へ
ブログ「或る浪人の日記」に、中国が報道規制に乗りだし、また、国連関連機関も中国の食事情は改善されているとのリップサービスをしているという報道が紹介されている。
      
      ------引用開始 ------
◆北京五輪イメージ守れ、と中国が報道規制…香港紙
13日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは、複数の中国メディア関係者の話として、メディア規制を担当する共産党中央宣伝部が先週、国内メディアに対し、来夏の北京五輪のイメージ悪化につながる報道を禁止する通達を出した、と報じた。

同紙によると、通達は、中国の大気汚染や食の安全問題など4項目を「好ましくない報道」と指摘。国内メディアに対し、これらについて肯定的な報道を行うよう指示しているという。

北京五輪組織委員会は最近、選手村に豚肉や鶏肉を提供する業者の生産現場を主に海外メディアに公開して安全性をアピールするなどしている。同紙は、今回の通達が、こうした報道陣のツアーをイメージ改善を図る宣伝戦略の一環と明記していると暴露した。
(2007年11月13日 読売新聞)

◆FAO「中国の食品安全は軌道に乗っている」
FAO・国連食糧農業機関の中国駐在代表は18日、第1回中国食糧交易会で「中国政府は食品安全に対して一連の措置を取った結果、食品安全活動は軌道に乗っている」と述べた。

代表はこの中で「私は、中国政府が食品安全を重視していることや発揮した役割を感じた。中国食品の品質はよいものだ。中国政府が払った努力を肯定すべきだ」と述べた。(2007年11月20日 中国国際放送局)


嘘に嘘を重ね、虚構の繁栄を築いている基地外どもの事実を歪曲する為の努力を肯定する事など、多少なりとも良心のある人間には出来はしない事です。
       〜〜中略〜〜
それとも、イダイなる支那畜サマの技術力は、たったの半年余りほどの間に、この異常にも程がある事態を、あっさりと打破したとでも、このFAO支那在中代表殿は仰るのでしょうか。
      
      ------引用終わり ------

引用した最初の記事は読売新聞のものだが、昨今の小沢関連報道などを考察すると、自虐的な報道に見える。
 
  List
  この記事は 165541 ブログ1 ブログ2 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_165715
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
中国は孤立に追い込まれるのか:中国は自滅の道を進むのか孤立に追い込まれるのか 「晴耕雨読」 08/04/01 PM05
近代史の縮図としての中国:中国は自滅の道を進むのか孤立に追い込まれるのか 「晴耕雨読」 08/04/01 PM05
中国は現代のナチスだ! 「真実の探求」 07/12/24 PM10
中国の農業に未来はあるか 「晴耕雨読」 07/11/23 AM11
中国・インドのバイオ燃料生産 食料作物栽培のための水の不足を深刻化 「晴耕雨読」 07/11/23 AM11
165718 ガン続出:中国・環境汚染の実害 遊撃手 07/11/22 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp