暴走する悪徳エリートの所業
165444 手詰まり状態デビッドロックフェラーが来日を敢行した2つの目的
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/11/17 PM10 【印刷用へ
『デービッド爺さんの太平洋横断飛行(実話小説仕立て)』(richardkoshimizu's blog )リンクより転載します。(一部表現等を修正させていただいております)
----------------------------------------------------------------
2007年11月初、世界一の大富豪、デビッドロックフェラー92歳が、太平洋を越えて極秘の来日を敢行したのには、二つの目的があった。

デビッドが背後から支配するユダヤ国家、米国は、とうの昔に経済的に破綻していた。双子の赤字で、実質倒産状態である国家を維持するために、貧乏人に金を貸しまくって、家を立てさせ、無理やり経済成長を持続してきたのだ。住宅価格が上がり続ける間は、貧乏人も返済に窮することはなかった。だが、もはや、貸せるところには大方貸してしまった。これ以上のバブル経済は、演出できない。3年後に金利が上がるサブプライムローンを借りたヒスパニックたちは、住宅価格が横ばいから、下落に転じた途端に、ローンの返済ができなくなった。サブプライムローン会社や背後の大手ユダヤ金融会社は大きな損失を被り、隠蔽しようがなくなってきた。いつかは、こうなると最初からわかっていたことだが........

デビッドは、手下のブッシュ隠れユダヤ人や、自ら個人所有するユダヤFRBを動かして、サブプライムローンの損失を補填する政府資金投入をして、なんとか急場をしのいでいる。だが、もはや、残された時間は少ない。

デビッドは、ユダヤ国家米国の凋落自体には、別に感傷はない。デビッドにとって、米国とは、ここ200年ほど、生血を吸わせてもらってきた単なる寄生先であり、どうなろうが知ったことではない。ユダヤ権力が健在であればそれでかまわない。だが、米国経済が、今すぐ破綻してしまうのでは、次の寄生先と決めている日本に、生血を吸うための長い注射針を刺しまくる時間がない。日本を注射針でハリネズミ状態にした後でないと、米国経済が破綻してもらっては困るのだ。

日本に吸血針を刺しつつ、当面の米国経済の危機を日本の金で回避しなければならない。郵政民営化という名の郵政ユダヤ化で、日本国民の資産、350兆円を日本から引き剥がし、米国債購入に充当させて、急場をしのがなくてはならない。同時に三角合併を大々的に推進させて、有力日本企業の株を、あと数年で無価値となるユダヤ・ドルベースの株と交換させて、経営権を軒並み手に入れてしまいたい。日本企業の乗っ取りがすまなければ、ドル崩壊、米国経済崩壊は容認できないのだ。

だが、デビッドの欲張りすぎが、誤算に繋がった。社保庁不祥事を煽って、国民に年金制度への不信を植え付け、年金も健保も解体させようと目論んだのだ。デビッドは、健保を破壊して、米国式の医療保険を導入し、馬鹿高い保険料を課して、日本人の生血を吸おうと企んだのだ。

だが、この強欲振りが、2007年7月の参院選で裏目と出た。年金不祥事に怒った国民が、野党民主党に投票し、デビッドの言いなりの連立与党、自公が参院で過半数を割ってしまったのだ。東京のCIA要員から、「僅差ですが、自公で過半数を維持できるでしょう。駄目でも、民主から数人、鞍替えさせますのでご安心を。」と報告されていたデビッドは、惨憺たる選挙結果に激怒した。とりあえず、統一教会から推奨があったからこそ、日本の総理にしてやった安倍という無能な男はくびにした。次に、「なんでも言うことを聞きます。」と内密に恭順してきた福田という男を総理にすることにした。福田の父親は、統一教会の文鮮明のロボットだった。あのロボットの息子なら、言いなりだろうと考えたのだ。次は自分がなるとばかり思っていた麻生は、ユダヤ大王様のご決定と聞き、うなだれたのだった。

福田を総理にした。だが、誰が総理になっても、衆参のねじれ現象はそのままである。自公に命じた諸々のユダヤ利益誘導法案はひとつも成立しない。このままでは、日本の金で米国経済破綻を救えないし、吸血針を刺すこともできない。勿論、参院選直後から、民主党の小沢には、大連立で自公と合流するよう指示した。もともと、小沢は、日本における飼い犬の筆頭であり、ロックフェラー家の家臣のようなものだ。二大政党制をでっち上げるために、民主党に潜入させておいただけの話だ。デビッドの手先のナベツネや中曽根も動いた。だが、小沢は、党内を大連立で取りまとめる自信がない。行動を起こせない。

そこで、デビッドは、「もう、頼りない子分どもに任せてはおられない。」と、92歳の老体をおして極秘来日し、小沢福田に大連立作戦指導を厳命した。だが、もともと根回しの下手な小沢は、党内から大反対され、党代表辞任を表明するまで追い詰められた。結局、1月頃の衆院選に乗じて、政界再編をさせ、自公+αで衆参とも過半数を確保する方法しか残っていない。デビッドは、深く溜息をつき、腹いせ紛れに、東京駐在の無能なCIA幹部のユダヤ人の脛を蹴り上げた。

デビッドが頭を悩ませているのは、日本の政局問題だけではない。もうひとつの心労は、日本で911内部犯行や、ユダヤ金融資本の犯罪がおおっぴらに語られていることだ。世界で唯一、ユダヤに気兼ねしないで済む日本のネット上では、デビッドが主導した悪行の数々が、次から次と暴露されてしまっている。郵政ユダヤ化や三角合併のからくりも、とっくに発覚してしまっている。ブッシュもクリントンもヒラリーも隠れユダヤだと暴露されてしまっている。そして、一番頭が痛いのは、デビッドが命令して敢行された911ユダヤテロの全貌が、ネットで、普通に飛び交っていることだ。中でも、WTCで小型水爆を使ったことがばれてしまったのには、頭を抱えた。日本人は、ユダヤ権力の手口をいとも簡単に解析して、平気な顔して、情報拡散してしまう。このままでは、優秀な日本人が掘り起こしたデビッドの極秘中の極秘の数々を世界に向けて発信されてしまう。既存のメディアをいくらコントロールしても、ネットの口は塞げない。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------

小沢や福田については、果たして真相を貫いているかは分かりませんが、デビッドロックフェラーの来日目的や心境は、的を得ているのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 164787 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_165444
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
165693 デビッドロックフェラーの来日目的は、シティを日本政府に無理やり買わせるため!? 猛獣王S 07/11/22 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp